秋分

《 9月22日 今日は何の日? 》「秋分」

  • 秋分の日(しゅうぶんのひ)は、日本の国民の祝日の一つであり、

祝日法により天文観測による秋分が起こる秋分日が選定され休日とされます。

「昼と夜の長さが等しくなる日」といわれますが、

しばしば昼が短くなって、実際は夜の方が少し長くなります。

 

<暑さ寒さも彼岸まで(あつささむさもひがんまで)とは>

「冬の寒さ(余寒)は春分頃まで、夏の暑さ(残暑)は秋分頃までには和らぎ、凌ぎやすくなる」という意味の、

日本の慣用句です。

実際、気象庁などの観測データによれば、この慣用句の意味するところがおおよそ的を射ていることは推測可能です。

北日本と南日本では差はあり、年によって異なりますが、

おおむね秋分までは夏の季節現象では猛暑日・真夏日・熱帯夜になることもあります。

平均気温に例えると、

9月の秋の彼岸はおおむね5月下旬から6月上旬(南日本は6月上旬から下旬)の気温とほぼ同じのようです。

しかし、この慣用句も近年の温暖化による現象で、

昔と比べて気候が変化しており、従来の季節感とのズレを実感することが多くなりました。

慣用句がズレを生じ慣用句でなくなる時期が来るかもしれません。

 

なお、この慣用句の意味を転じて、

「辛いこともいずれ時期が来れば去っていく」という意味の諺(ことわざ)として用いられることもあります。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照。

これを流用し、

「新型コロナもいずれ時期が来れば去っていく」と願いたいものです。

 

季節の変わり目であることは間違いなく、体調も崩しやすい時期です。

ぜひ、鍼灸治療で体調を整えましょう。

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

~日本鍼灸師会より~

 

季節の変わり目はこちら→「季節の変わり目の体調不良

秋の元気な過ごし方はこちら→「秋の元気な過ごし方

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

 

湿疹のツボ療法

内因性の湿疹:体質からくるもの

外因性の湿疹:化粧品や薬品の刺激、日光や衣服などの物理的な刺激

肩髃(けんぐう):肩の先端で、腕を真横に上げたとき前側にできるくぼみ

中脘(ちゅうかん):みぞおちとへその中間

天枢(てんすう):へそから指の幅3本分横

合谷(ごうこく):手の甲側で親指と人差し指の間にあるツボ

腎兪(じんゆ):腰に手を当てて親指のあたるところ 倦怠感のツボ療法

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

処暑

《 8月23日 今日は何の日? 》「処暑」

  • 処暑(しょしょ) 二十四節気の第14。

処暑とは「夏が過ぎる頃」という意味を表しています。

英語では“Limit of heat”まさに「暑さの限界」であるこの日を機に厳しい暑さの峠を越し、朝夕には涼しい風が吹き、心地よい虫の声が聞こえて来るとされます。暑さが和らぎ、穀物が実り始めますが、同時に台風の季節の到来でもあります。

 

<風鈴>

思うように外出できない今年の夏、お家時間を楽しむための「風鈴」をおススメします。

そもそも風鈴は、唐の時代の中国に物事の吉凶を占うための青銅の鐘「占風鐸(せんふうたく)」が元になっており、仏教とともに伝来したと言われています。当時の日本は強い風は流行り病や邪気などの災いを運んでくると考えられていました。風鐸は、その音が聞こえる範囲は聖域とされ、災いから守ってくれるものとしてお寺の軒の四隅に吊るされるようになったのだそうです。平安時代には貴族が魔除けとして軒先に吊るしていたそうで、「風鈴」という呼び名はこの頃から使われるようになったとされています。夏の間に軒先に飾られるようになった風鈴ですが、今では魔除けの意味は薄れ、涼しさの演出として飾られることが多くなりました。

風鈴には、癒しやリラックス効果のある「1/ fのゆらぎ(エフぶんのいちのゆらぎ)」が存在します。「1/ fのゆらぎ」とは生体リズムに深く関わり、人間の心拍音にもみることができると言われるもので、一定のリズムで正確に動いているようで、詳しく調べると早くなったり遅くなったり不規則なズレがみられるリズムです。この細かなズレが「1/ fのゆらぎ」で、自然界では小川のせせらぎ、木漏れ日、波の満ち引き、また、ろうそくの炎、電車、風鈴の揺れなどにも「1/ fのゆらぎ」が存在します。人間はこのような生体リズムと一致するこのゆらぎを見聞きすることで、心地よい気分になりストレス解消や癒しを感じると言われています。

縁側のない住宅やマンションで風鈴の音をより楽しむなら、室内のエアコンや扇風機の風があたる場所に吊るせば、弱い風で控えめに鳴る風鈴が楽しめます。また玄関に吊るしておくと、扉を開けたときに通る風で涼やかに音が鳴り、暑い中来てくれたお客さまをお迎えするのに素敵な演出となります。

残暑の厳しい夏、風鈴を上手に取り入れて心で涼を味わいませんか。

 

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

~日本鍼灸師会より~

 

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

腰椎椎間板ヘルニア

 

 

腰椎椎間板ヘルニアは、背骨と背骨の間にある椎間板(クッションの役目)の一部が飛び出して、腰痛が起こり神経に触れると下半身の痛みやしびれなどが現れます。

 

<検査方法>

・レントゲン

・MRI

 

<腰椎椎間板ヘルニアの7割は治りやすい>

・脊柱管が広く神経根を圧迫しないタイプ

・小さなヘルニア(ぎっくり腰を繰り返す人はこのタイプのことがあります)

・靭帯を突き破って飛び出したタイプ

(ヘルニアを異物とみなして免疫細胞が活性化→退縮する)

 

<腰椎椎間板ヘルニアの3割は治りにくい>

・神経根を圧迫しているタイプ

・脊柱管が狭くなっている人

・痛みに過敏な人(神経障害性疼痛)

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

胃腸炎のツボ療法

<旬の魚~タチウオ~>

太刀魚は鱗がなく太刀のように細長い銀色の体型で、立って泳ぐのが特徴です。DHA,EPAの他、ビタミンAをはじめビタミンDやEを多く含んでいます。白身でとても淡白な印象ですが、オレイン酸を含む脂質が多い魚です。

 

~セイリンカレンダーより~

 

胃腸炎はこちら→「胃痛・胃炎」まとめ

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345 ホームページ  https://harushinkyu.com

立秋

《 8月7日 今日は何の日? 》「立秋」

  • 立秋(りっしゅう)二十四節気の第13。

秋が立つ、と書くように暦のうえでは「立秋」から秋に入ります。立春からちょうど半年が経過し、この日から立冬までの秋。日中はまだ残暑が厳しく、1年で最も気温が高くなる時期です。しかしよく観察してみると、夏の風と秋の涼やかな風が混在しはじめ、空を見上げると巻雲が見え、秋の気配を感じることができます。

<夏のハッカスプレー>

ハッカは世界中で古くから利用されてきたハーブのひとつである「ミント」の和名で、シソ科ハッカ属の多年生植物です。スーッとした爽やかな香りは清涼感をもたらし、リフレッシュ効果も抜群。

ミントから蒸留抽出された100%天然の成分である「ハッカ油」は、いわゆるアロマセラピーで使用するペパーミント精油よりも安価でドラッグストアなどの身近なお店に手に入れることができます。

今回は「ハッカ油」を使用した、抗菌、ニオイ対策、虫除け、クールダウンなどの効果があり幅広く活用できるハッカスプレーをご紹介します。

【作り方】

(1)清潔なスプレー容器に無水エタノールを5ml(小さじ1杯)入れる。

(2)ハッカ油を10滴加え、容器を軽く振って混ぜ乳化させる。

(3)精製水を45ml加え、容器のふたをしめてよく振り混ざったら完成。

※使用期限は冷暗所保管で約2週間。

【使用方法】

  • ニオイや雑菌が気になる場所に:消臭作用や雑菌の繁殖を防ぐ働きがあるため、ゴミ箱や排水溝、シューズボックス、生乾きの洗濯物など、夏に気になるニオイを抑えてくれます。
  • 暑さ対策や制汗・デオドラントに:頚や腕、ワキにシュッとスプレーすると、ひんやりとした清涼感を感じることができます。
  • 蚊やダニ、ゴキブリ退治に:ハッカ油は虫が嫌がる香りです。虫よけスプレーとしても効果を発揮してくれます。
  • マスクに:つけっぱなしのマスクのにおい対策、抗菌・抗ウイルス対策になります。マスク外側のアゴ部分にひと吹きするのがおすすめです。

※妊産婦や乳幼児には使用は控えてください。

 

蒸し暑い季節のレスキュー的存在として期待できるハッカスプレーを、ぜひ作って活用してみてください。

 

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

~日本鍼灸師会より~

 

東洋医学「秋・肺」はこちら→「東洋医学「秋」「肺」

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

栄養に関する老年症候群対策

<健康余命期間を延長する栄養状態に基準>

アルブミン値:4.3/dl以上が良好状態

コレステロール値:200㎎/dl以下は低栄養状態

ヘモグロビン値:男性:14g/dl、女性:12g/dl以上は良好状態

BMI:18.5以下は要注意状態

 

●アルブミンについて

・栄養状態の指標であり老化指標ともなります。

・アルブミン値が高い人は筋肉や骨格が多いとされています。

・血液中のタンパク質の約60%はアルブミンです。

・高齢者の約6人に一人はアルブミン値が4.0g/dl以下と言われています。

・アルブミンは肝臓で生成され、浸透圧の保持・栄養物質の運搬・抗酸化などが主な働きです。

・高齢者はアルブミン値が高いほうが健康余命の延長に有利です。

 

●コレステロールについて

・栄養状態の指標です。

・高齢女性の場合コレステロール値の高い人のほうが心臓病死亡率は低くなり、男性の場合コレステロール値が低い人のほうが抑うつ傾向になりやすいです。

・高齢者はコレステロール値が高いほうが健康余命の延長に有利です。

・コレステロールは肝臓・皮膚で生成され生体膜の構成成分・胆汁の原料・ステロイドホルモンの原料などとして利用されています。

 

●ヘモグロビンについて

・栄養状態の指標です。

・老化に伴いヘモグロビン値は低下します。

・ヘモグロビン値11g/dl以下の高齢者は11g/dl以上の高齢者に比較すると一年後に一人で外出できなくなるリスクが約2.5倍となります。(貧血の程度ごとにみた一年後に「一人で外出」できなくなる危険度)

・ヘモグロビンは骨髄などでアミノ酸グリシンから生成されます。(グリシンは動物性タンパク質に多い)

 

●BMIについて

・BMI(体格指数)の計算方法

体重kg÷(身長m)²

(例)身長178㎝で体重86㎏の人の場合

86㎏÷(1.78×1.78m)=27.1

正常:18.5~25.0未満

 

●高齢者の食

健康余命延長が期待できる高齢者の食は、肉類・卵(魚の卵は除く)・牛乳(コーヒー牛乳やフルーツ牛乳は除く)・大豆製品・緑黄色野菜・海藻・イモ類・果物・油脂類などは毎日摂取することが重要です。

 

~日本鍼灸師会より~

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

春分の日

320日 今日は何の日?》

●春分は二十四節気の第4。よく昼の長さと夜の長さがほぼ等しくなるとされるが、実際にわが国では昼の方が14分ほど長くなります。

現在広まっている定気法では、太陽が春分点を通過した瞬間、すなわち太陽黄経が0度となったときで、天文学ではその瞬間であるが、暦ではその瞬間が属する日であり、これを春分日(しゅんぶんび)と呼びます。したがって、いずれの日が春分日になるかはその国・地域の時差によって1日の違いが生じ、日本では320日または321日になることが多いようです。

また恒気法では、冬至から1/4年(約91.31日)後で323日ごろを指します。期間としての意味もあり、この日から、次の節気の清明前日までとなります。(ウィキペディアより)

 

「生活不活発病」をご存知ですか?

昨今、新型コロナウイルス感染拡大対策として、不要不急の外出、移動、集会の自粛が促され、様々な集会、イベント等が中止や延期となっています。経済への影響もさることながら、高齢者を中心に「生活不活発病」という新たな健康被害への懸念が高まっています。

「生活不活発病」とは「動かない」(生活が不活発な)状態が続くことにより、心身の機能が低下して、「動けなくなる」ことをいいます。この疾患はフレイルやサルコペニアといった身体的な衰えのみならず、社会参加や行動環境という要因を加味した概念です。また、災害医療の舞台ではメジャーな概念で、避難生活が長引くと高齢者を中心に発生することが危惧され、災害関連死の原因の一つとされるものです。

(参考URLhttps://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/shippei-undou/undou-busoku-byou.html

最近のコロナ禍による巷の状況は、まさに災害時のそれと通じるものがあり、「自粛」という社会環境によって社会参加や活動を制限され、心身の活動が不活発な状態に陥る高齢者の方々が増えることが予想されます。

近年の災害現場では、多職種連携の名のもと鍼灸師の活躍する場も増え、生活不活発病に対しての予防として、鍼灸治療への期待を強く感じています。昨今のこの状況を一つの災害と捉え、より多くの方に鍼灸施術を通じて健康管理をしていただけることを切望します。

 

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

(鍼灸師会マガジンより)

 

サルコペニアはこちら→「筋肉が減る「サルコペニア」

フレイルはこちら→「要介護予備群「フレイル(虚弱)」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

 

 

啓蟄(けいちつ)

35日 今日は何の日?》

啓蟄(けいちつ)は、二十四節気の第3。二月節(旧暦1月後半から2月前半)。

「啓」は「開く」、「蟄」は「虫などが土中に隠れ閉じこもる」ことを示し、「啓蟄」で「冬籠りの虫が這い出る」(広辞苑)という意味を表しています。また春の季語でもあります。

(ウィキペディアより)

  新型コロナウイルス(COVID-19)について>

現在、わが国では新型コロナウイルス感染症の話題であふれ、テレビやネットでは、感染者の感染経路についての記事が連日あげられ、マスクのみならずトイレットペーパーまでなくなるような集団パニックに近い状態となっています。誰もがウイルス検査できる体制ではなく、実際にどのくらい感染が広がっているのかわからない状態なので無理もないことなのかもしれません。感染が世界的な広がりを見せる中、休校措置をとり始めたイタリア・ミラノで、ある高校の校長が同校のネット掲示板に書き込んだメッセージが秀逸だと話題になっているので、紹介します。

「〜ヴォルタ高校の皆さんへ〜」で始まるメッセージでは、マンゾーニという作家の小説中でペスト禍について記された章を引用し、現在の状況と比較して意見を述べています。

「外国人を危険と見なし、当局間は激しい衝突。最初の感染者をヒステリックなまでに捜索し、専門家を軽視し、感染させた疑いのある者を狩り、デマに翻弄され、愚かな治療を試し、必需品を買い漁り、そして医療危機。君たちもよく知っている通りの名前がいくつも登場するこの章は、マンゾーニの小説というより、まるで今日の新聞を読んでいるかのようです。」

「目に見えない敵に脅かされた時、人間の本能は、あたかもそこら中に敵がいるかのように感じさせ、私たちと同じ人々までも脅威とみなしてしまう危険があります。」

14世紀と17世紀のペスト流行時とは異なり、現代の私たちには確実で進歩し続ける医学があります。社会と人間性、私たちの最も貴重な資産であるこれらを守るために、文明的で合理的な思考をしましょう。もしそれができなければ、ペストが勝利してしまうかもしれません。では、学校で君たちを待っています。」(出典:ブログ「ボン先輩は今日もご機嫌」より抜粋)

いかがでしょうか?文明の発達した現代に住んでいる私たち。デマに惑わされず、正しい情報を取捨選択し、冷静にこの危機的状況を乗り越えたいものです。

 

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

 

~鍼灸師会マガジンより~

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

<3月の休診日>

8(日)、9(月)、15(日)、16(月)22(日)、23(月)、29(日)、30(月)

 

目の疲れのツボ療法

 

<旬の魚~いか~>

烏賊は高たんぱく質で低脂質。烏賊の代表的な栄養素であるタウリンは、ほのんのりとした甘みを感じさせる旨みの元です。干したスルメイカの表面に吹く粉はタウリンが結晶化したものです。

~「セイリンカレンダー」より~

 

目の老化と肩こりはこちら→「肩こり③「目の老化(眼精疲労)と肩こり」

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

晴鍼灸院/整体院

<3月の休診日>

8(日)、9(月)、15(日)、16(月)22(日)、23(月)、29(日)、30(月)