霜降

《 10月23日 今日は何の日? 》「霜降」

●霜降(そうこう)は、二十四節気の第18。九月中(通常旧暦9月内)。

 現在広まっている定気法では太陽黄経が210度のときで10月23日・24日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から10/12年(約304.37日)後で10月22日ごろ。

 露が冷気によって霜となって降り始めるころ。楓や蔦が紅葉し始めるころ。この日から立冬までの間に吹く寒い北風を木枯らしと呼ぶ。(ウィキペディアより)

<心と体の養生を大切に>

 新型コロナウイルスの影響により、外に出る機会も少なくなってしまったのではないでしょうか。これまでの生活様式を変えなければならない状況になっていますが、こういうときだからこそ、心と体の養生には気をつけておきたいものです。

 江戸時代の本草学者、儒学者である貝原 益軒は、「心は体の主人である。静かにして安らかでなければならない。体は心の家来である。動いて働かなければならない。心が安らかで静かであれば、心豊かで苦しみもなく楽しい。体を動かして働けば、飲食は滞らず、“血”も“気”もよく体内を巡って、病気になることはない。」とあります。

 しっかりと仕事に務め、適度な運動などで体を動かして、不安や心配などストレスを抱え過ぎず心を晴れやかに、日々を過ごしていきましょうね。

(『口語養生訓』日本評論社より一部引用)

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

~日本鍼灸師会より~

養生はこちら→「免疫力を整える「養生の基本」

心地良いよいうことはこちら→「心地よいということ

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

寒露

《 10月8日 今日は何の日? 》「寒露」

●寒露(かんろ)は、二十四節気の第17。九月節(旧暦8月後半から9月前半)。

 現在広まっている定気法では太陽黄経が195度のときで10月8日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から19/24年(約289.15日)後で10月7日ごろ。

 露が冷気によって凍りそうになるころ。雁などの冬鳥が渡ってきて、菊が咲き始め、蟋蟀(こおろぎ)などが鳴き始めるころ。(ウィキペディアより)

<季節の変わり目に体調を崩されることはありませんか?>

 朝晩と昼の気温差や、日によって急に冷え込んだり暖かくなったりすることがあるのが、この季節です。このような寒暖差やストレスは、自律神経に影響して、疲れやだるさ、頭痛、めまいなどの症状を引き起こしてしまう恐れがあるのです。また、情緒不安定になり、気分の落ち込みにつながることもあります。筆者の私も、初めて眠れないほどの頭痛とめまいを経験しました。

 自律神経には、活動時に作用する「交感神経」とリラックス時に作用する「副交感神経」の2種類があります。この2つの神経がバランスを取って作用することで、体温調節・血液循環・呼吸・消化・排泄・生殖・免疫などの機能を無意識に調整しており、生命維持には欠かせません。

 十分な睡眠、適度な運動、朝日を浴びることなど生活のリズムや習慣を整えて、鍼灸でしっかりケアをして自律神経のバランスを崩さないように心がけていきましょう。

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

~日本鍼灸師会より~

自律神経はこちら→「自律神経」まとめ

季節の変わり目はこちら→「季節の変わり目の体調不良

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

腰痛のツボ療法

<旬の魚~シャケ~>

鮭は秋刀魚と並び秋の味覚を代表する魚です。身は赤色ですが白身魚の部類で、エビやカニを餌にして赤くなります。赤い色はアスタキサンチンで、高い抗酸化作用があり眼精疲労も軽減します。

~セイリンカレンダーより~

 

腰痛まとめはこちら→「「腰痛」まとめ

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

秋分

《 9月22日 今日は何の日? 》「秋分」

  • 秋分の日(しゅうぶんのひ)は、日本の国民の祝日の一つであり、

祝日法により天文観測による秋分が起こる秋分日が選定され休日とされます。

「昼と夜の長さが等しくなる日」といわれますが、

しばしば昼が短くなって、実際は夜の方が少し長くなります。

 

<暑さ寒さも彼岸まで(あつささむさもひがんまで)とは>

「冬の寒さ(余寒)は春分頃まで、夏の暑さ(残暑)は秋分頃までには和らぎ、凌ぎやすくなる」という意味の、

日本の慣用句です。

実際、気象庁などの観測データによれば、この慣用句の意味するところがおおよそ的を射ていることは推測可能です。

北日本と南日本では差はあり、年によって異なりますが、

おおむね秋分までは夏の季節現象では猛暑日・真夏日・熱帯夜になることもあります。

平均気温に例えると、

9月の秋の彼岸はおおむね5月下旬から6月上旬(南日本は6月上旬から下旬)の気温とほぼ同じのようです。

しかし、この慣用句も近年の温暖化による現象で、

昔と比べて気候が変化しており、従来の季節感とのズレを実感することが多くなりました。

慣用句がズレを生じ慣用句でなくなる時期が来るかもしれません。

 

なお、この慣用句の意味を転じて、

「辛いこともいずれ時期が来れば去っていく」という意味の諺(ことわざ)として用いられることもあります。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照。

これを流用し、

「新型コロナもいずれ時期が来れば去っていく」と願いたいものです。

 

季節の変わり目であることは間違いなく、体調も崩しやすい時期です。

ぜひ、鍼灸治療で体調を整えましょう。

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

~日本鍼灸師会より~

 

季節の変わり目はこちら→「季節の変わり目の体調不良

秋の元気な過ごし方はこちら→「秋の元気な過ごし方

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

 

湿疹のツボ療法

内因性の湿疹:体質からくるもの

外因性の湿疹:化粧品や薬品の刺激、日光や衣服などの物理的な刺激

肩髃(けんぐう):肩の先端で、腕を真横に上げたとき前側にできるくぼみ

中脘(ちゅうかん):みぞおちとへその中間

天枢(てんすう):へそから指の幅3本分横

合谷(ごうこく):手の甲側で親指と人差し指の間にあるツボ

腎兪(じんゆ):腰に手を当てて親指のあたるところ 倦怠感のツボ療法

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

白露

《 9月7日 今日は何の日? 》「白露」

  • 白露(はくろ)は、二十四節気の第15。八月節。

現在広まっている定気法では太陽黄経が165度のときで9月8日ごろ。

暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。

恒気法では冬至から17/24年(約258.71日)後で9月6日ごろ。

期間としての意味もあり、この日から、次の節気の秋分前日までである。

 

<鍼治療の免疫力UPについて>

最近、よく鍼治療で免疫力UPというフレーズを目にしますが、それらの説明がほとんどありません。

体に鍼を刺すと、体は異物が体内に入ったことを察知し、

白血球が増加します。白血球は、ウイルスが体に入った時にも

増加し、対ウイルスとして活躍します。鍼治療により白血球が増加し、

その時、体内にウイルスが居れば、当然、増加した白血球でそのウイルスに対抗します。

また、白血球の増加により、ウイルスに対抗する防衛準備をすることにもなります。

これが簡単な免疫力UPの説明です。

 

また、今年4月22日に中日新聞の夕刊に 新型コロナ治療 はりや漢方薬「有効」が掲載されました。

武漢市に治療に入った中医師が、鍼は効果が非常に早い。胸の苦しさが改善または全快し、

呼吸困難にも効果が得られた。それにより、「鍼治療で治療効果があったことは明白だ」

「90%以上の患者で炎症仰制などの効果があった」と

掲載されていました。

 

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

~日本鍼灸師会より~

 

白血球はこちら→「自己免疫力⑩「白血球(顆粒球・リンパ球)」

 

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

膝痛のツボ療法

 

<旬の魚~サンマ~>

秋刀魚は秋の味覚を代表する魚です。脂がのって美味しいのは秋から晩秋にかけて。代表的な青魚でDHA,EPAを多く含み、鉄分などのミネラルも豊富なので、積極的に食べたい魚の一つです。

 

~セイリンカレンダーより~

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

処暑

《 8月23日 今日は何の日? 》「処暑」

  • 処暑(しょしょ) 二十四節気の第14。

処暑とは「夏が過ぎる頃」という意味を表しています。

英語では“Limit of heat”まさに「暑さの限界」であるこの日を機に厳しい暑さの峠を越し、朝夕には涼しい風が吹き、心地よい虫の声が聞こえて来るとされます。暑さが和らぎ、穀物が実り始めますが、同時に台風の季節の到来でもあります。

 

<風鈴>

思うように外出できない今年の夏、お家時間を楽しむための「風鈴」をおススメします。

そもそも風鈴は、唐の時代の中国に物事の吉凶を占うための青銅の鐘「占風鐸(せんふうたく)」が元になっており、仏教とともに伝来したと言われています。当時の日本は強い風は流行り病や邪気などの災いを運んでくると考えられていました。風鐸は、その音が聞こえる範囲は聖域とされ、災いから守ってくれるものとしてお寺の軒の四隅に吊るされるようになったのだそうです。平安時代には貴族が魔除けとして軒先に吊るしていたそうで、「風鈴」という呼び名はこの頃から使われるようになったとされています。夏の間に軒先に飾られるようになった風鈴ですが、今では魔除けの意味は薄れ、涼しさの演出として飾られることが多くなりました。

風鈴には、癒しやリラックス効果のある「1/ fのゆらぎ(エフぶんのいちのゆらぎ)」が存在します。「1/ fのゆらぎ」とは生体リズムに深く関わり、人間の心拍音にもみることができると言われるもので、一定のリズムで正確に動いているようで、詳しく調べると早くなったり遅くなったり不規則なズレがみられるリズムです。この細かなズレが「1/ fのゆらぎ」で、自然界では小川のせせらぎ、木漏れ日、波の満ち引き、また、ろうそくの炎、電車、風鈴の揺れなどにも「1/ fのゆらぎ」が存在します。人間はこのような生体リズムと一致するこのゆらぎを見聞きすることで、心地よい気分になりストレス解消や癒しを感じると言われています。

縁側のない住宅やマンションで風鈴の音をより楽しむなら、室内のエアコンや扇風機の風があたる場所に吊るせば、弱い風で控えめに鳴る風鈴が楽しめます。また玄関に吊るしておくと、扉を開けたときに通る風で涼やかに音が鳴り、暑い中来てくれたお客さまをお迎えするのに素敵な演出となります。

残暑の厳しい夏、風鈴を上手に取り入れて心で涼を味わいませんか。

 

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

~日本鍼灸師会より~

 

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

腰椎椎間板ヘルニア

 

 

腰椎椎間板ヘルニアは、背骨と背骨の間にある椎間板(クッションの役目)の一部が飛び出して、腰痛が起こり神経に触れると下半身の痛みやしびれなどが現れます。

 

<検査方法>

・レントゲン

・MRI

 

<腰椎椎間板ヘルニアの7割は治りやすい>

・脊柱管が広く神経根を圧迫しないタイプ

・小さなヘルニア(ぎっくり腰を繰り返す人はこのタイプのことがあります)

・靭帯を突き破って飛び出したタイプ

(ヘルニアを異物とみなして免疫細胞が活性化→退縮する)

 

<腰椎椎間板ヘルニアの3割は治りにくい>

・神経根を圧迫しているタイプ

・脊柱管が狭くなっている人

・痛みに過敏な人(神経障害性疼痛)

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

胃腸炎のツボ療法

<旬の魚~タチウオ~>

太刀魚は鱗がなく太刀のように細長い銀色の体型で、立って泳ぐのが特徴です。DHA,EPAの他、ビタミンAをはじめビタミンDやEを多く含んでいます。白身でとても淡白な印象ですが、オレイン酸を含む脂質が多い魚です。

 

~セイリンカレンダーより~

 

胃腸炎はこちら→「胃痛・胃炎」まとめ

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345 ホームページ  https://harushinkyu.com