春分

《 3月20日 今日は何の日? 》「春分」

●春分(しゅんぶん)二十四節気の第4。昼の長さと夜の長さがほぼ等しくなるといわれますが、実際には昼の方がやや長いとのこと。国民の祝日に制定されており、「自然をたたえ、生き物をいつくしむ日」の趣旨があります。長い冬が明け、春の訪れに気持ちが明るくなるころです。

<桜餅の東西>

 桜前線が少しずつ北へ向かう時期になりました。ところで桜も漢方薬の一つに使用されます。桜皮(おうひ)と呼ばれ、樹皮を天日で乾燥させたものを使います。サクラニンやサクラネチンというフラボノイド化合物が含まれており、鎮咳、去痰、湿疹、じん麻疹などに用います。

 薬より、花より団子に興味がある方もいらっしゃると思いますので、桜餅のお話でも。ウナギの焼き方に関東と関西に違いがあるように、桜餅にも違いがあるのはご存知でしたか?関東は小麦粉を使用し、クレープのように薄い生地で餡をくるんだ餅。関西はもち米を使用し、餡を中にいれて団子状にした餅。餡は関東では「こしあん」、関西では「つぶあん」が使われます。いずれも塩漬けの桜の葉で包まれており、色合いはほぼ同じですが趣が違うようにみえます。しかし、美味しいことに変わりはないでしょう。

 桜餅を特徴づける塩漬けの葉の中には、「クマリン」と呼ばれる物質が含まれています。肝機能を弱らせる肝毒性を持つとされますが、大量に摂取しなければ問題ないとのこと。大事をとって食べないのがいいのかもしれませんが、一緒に口に入れると桜の葉のさわやかな香りと塩気が、甘い餡を引き立たせてくれるように感じます。

 今年もコロナ禍で各地の桜まつりなどが中止になっています。せっかくの春の心地よい風、穏やかな日差しに咲き誇った花たち。お互いの距離を保ちつつも、こわばった心をほぐすように、ゆったりとお花見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり、

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

~日本鍼灸師会より~

東洋医学「春・肝」はこちら→「東洋医学「春」と「肝」

春の養生はこちら→「春の養生

晴鍼灸院/整体院  03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中