大雪

《 12月7日 今日は何の日? 》「大雪」

●大雪(たいせつ)は、二十四節気の第21番目。12月7日ごろ。期間としての意味もあり、この日から、次の節気の冬至前日までである。

雪が激しく降り始めるころ。『暦便覧』では「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」と説明している。鰤などの冬の魚の漁が盛んになり、熊が冬眠に入り、南天の実が赤く色付くころでもある。(Wikipediaより抜粋)

<お灸で新型コロナウイルスに打ち勝ちましょう!>

 我が国においても新型コロナウイルス感染症の第3波が今まで以上の大きさで来てしまいました。しかし、ヨーロッパやアメリカなどに比べればその程度は低く、京都大学の本庶佑先生や山中伸弥先生が「何らかのファクターXが日本にはある」とのコメントを出されています。

 そのファクターXの一つに挙げられているのがBCGワクチンの接種です。去る9月3日、京都大学は「130か国以上を比較した結果、BCGワクチンの接種が、新型コロナウイルス感染症の拡大を防いでいる可能性がある」という研究結果を発表しました。

 BCGといえば肺結核の予防接種。1950年以前の日本において結核は死因のトップで、当時の患者数は年間60万人以上、死亡者数も年間10万人超、国民の二人に一人は潜在的に結核に感染しているという、まさに「国民病」「亡国病」ともいわれた脅威でしたがそれがBCGのおかげで激減しました。

 しかし、BCG接種や医療衛生環境の行き届かないアフリカ諸国では今でも多くの人が結核で亡くなっています。そんな中二人のイギリス人鍼灸師が2008年チャリティ団体としてmoxafricaを発足。「結核治療におけるお灸の有効性」の追求、そして世界から結核患者をなくすことを使命として活動し始めました。そして 2016年には長年のRCT/臨床研究の結果、結核とHIV患者のお灸の効能として免疫力(CD4)の向上を証明することに成功しました。

 足三里というツボヘの小さなお灸の効果はエイズや結核に対する免疫力だけではありません。人の体はその免疫力をもって、今まで歴史上のさまざまな大きな疫病と闘い打ち勝ってきました。

今般の新型コロナウイルスに対しても、必ずその自己免疫力が最大の武器になります。

今こそ古来からのお灸療法で新型コロナウイルスに打ち勝ちましょう!

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり、

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

~日本鍼灸師会より~

足三里はこちら→「慢性疾患のツボ「足三里」

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中