冬至

《 12月21日 今日は何の日? 》「冬至」

●冬至(とうじ、英: winter solstice)は、二十四節気の第22。北半球ではこの日が一年のうちで最も昼(日の出から日没まで)の時間が短い。期間としての意味もあり、この日から、次の節気の小寒前日までである。西洋占星術では、冬至を磨羯宮(やぎ座)の始まりとする。(Wikipediaより)

<新型コロナウイルスにも発酵食品が良いかも?>

 筆者が在住する京都には、一年を通してさまざまな歴史的伝統行事が営まれていますが、今年は新型コロナウイルスの影響で3月以来それらがことごとく中止に追いやられてしまいました。しかし、政府の方針で秋口から感染予防策と経済支援策の両輪が回り始めたことで、第3波が生じながらもいろいろな行事が再開されつつあります。

 そのようななかで冬至の12月21日に開かれるのが、京都のランドマークの一つである日本一高い木造の五重塔のある東寺の境内での「弘法市」と呼ばれる露天市です。その出店数は1200店以上で国内最大級の規模を誇っています。

 京都人から「弘法さん」と呼ばれ親しまれる「弘法市」は毎月21日に開かれるのですが、中でも12月21日の市は「終い弘法(しまいこうぼう)」と言われ、迎春準備の品を買い求める人々が年間で最も多く訪れ、たいへんな賑わいをみせます。

 数多くの店が出る市ですが、そのなかでも特に、長い行列ができるのが漬物店。そこに並ぶ人々のお目当ては「すぐき」という漬け物で、京都の上賀茂周辺の農家が栽培した「すぐき蕪」という京野菜を塩水による下漬け(1晩)、塩をまぶした本漬け(約7日間)を経て、室の中で約8日間発酵をさせる、現代の日本では数の少ない本格的な「乳酸発酵漬物」です。

 独特の酸味と発酵臭がする漬け物で、筆者の知人が東京の友人に贈答品として送ったところ「腐ってる!」と電話してきたという話しもあるほど、通常の漬け物とは風味が違うのが特徴の逸品です。

 TV番組「秘密のケンミンSHOW」では全国各地のさまざまなご当地グルメが紹介されますが、そこでもよく各地独特の発酵食品が紹介され驚かされます。これもこの国の気温と湿度の関係が、微生物の繁殖に適しているからでしょう。

 発酵食品が人の免疫力向上につながることは種々の研究で裏付けられており、M社のR−1というヨーグルトはインフルエンザウイルスへの免疫力を高めることが科学的に証明された製品として、毎年冬の大学入試の時期が近づくとスーパーの棚から数が減っていくのは現代の風物詩ともいえます。

 さあ、新型コロナウイルスへの免疫効果が直接得られる発酵食品が見つかる日が一日も早く来る日を楽しみに、とりあえずさまざまな発酵食品をしっかり食べて、あとはマスク+手洗い+三密回避、そして、もちろんお灸をすえて、この難局を乗り越えましょう!

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり、

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

大雪

《 12月7日 今日は何の日? 》「大雪」

●大雪(たいせつ)は、二十四節気の第21番目。12月7日ごろ。期間としての意味もあり、この日から、次の節気の冬至前日までである。

雪が激しく降り始めるころ。『暦便覧』では「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」と説明している。鰤などの冬の魚の漁が盛んになり、熊が冬眠に入り、南天の実が赤く色付くころでもある。(Wikipediaより抜粋)

<お灸で新型コロナウイルスに打ち勝ちましょう!>

 我が国においても新型コロナウイルス感染症の第3波が今まで以上の大きさで来てしまいました。しかし、ヨーロッパやアメリカなどに比べればその程度は低く、京都大学の本庶佑先生や山中伸弥先生が「何らかのファクターXが日本にはある」とのコメントを出されています。

 そのファクターXの一つに挙げられているのがBCGワクチンの接種です。去る9月3日、京都大学は「130か国以上を比較した結果、BCGワクチンの接種が、新型コロナウイルス感染症の拡大を防いでいる可能性がある」という研究結果を発表しました。

 BCGといえば肺結核の予防接種。1950年以前の日本において結核は死因のトップで、当時の患者数は年間60万人以上、死亡者数も年間10万人超、国民の二人に一人は潜在的に結核に感染しているという、まさに「国民病」「亡国病」ともいわれた脅威でしたがそれがBCGのおかげで激減しました。

 しかし、BCG接種や医療衛生環境の行き届かないアフリカ諸国では今でも多くの人が結核で亡くなっています。そんな中二人のイギリス人鍼灸師が2008年チャリティ団体としてmoxafricaを発足。「結核治療におけるお灸の有効性」の追求、そして世界から結核患者をなくすことを使命として活動し始めました。そして 2016年には長年のRCT/臨床研究の結果、結核とHIV患者のお灸の効能として免疫力(CD4)の向上を証明することに成功しました。

 足三里というツボヘの小さなお灸の効果はエイズや結核に対する免疫力だけではありません。人の体はその免疫力をもって、今まで歴史上のさまざまな大きな疫病と闘い打ち勝ってきました。

今般の新型コロナウイルスに対しても、必ずその自己免疫力が最大の武器になります。

今こそ古来からのお灸療法で新型コロナウイルスに打ち勝ちましょう!

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり、

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

~日本鍼灸師会より~

足三里はこちら→「慢性疾患のツボ「足三里」

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

のどの痛みのツボ療法

<旬の魚~アンコウ~>

冬の鍋として人気の鮟鱇は、グロテスクな外見とは裏腹に、淡白な風味の白身魚です。身は高タンパク・低脂質で、皮にはコラーゲンが多く、アンキモ(肝臓)は海のフォアグラと呼ばれています。

~セイリンカレンダーより~

のどの痛みはこちら→「のどの痛み「扁桃炎・咽頭炎」

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com