立冬

《 11月7日 今日は何の日? 》「立冬」

●立冬(りっとう)は、二十四節気の第19。十月節(旧暦9月後半から10月前半)。

 現在広まっている定気法では太陽黄経が225度のときで11月7日ごろ。恒気法では冬至から7/8年(約319.59日)後で11月6日ごろ。期間としての意味もあり、この日から、次の節気の小雪前日まで。

 秋が極まり冬の気配が立ち始める日。『暦便覧』では、「冬の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也」と説明している。言い換えれば秋の極みともいえ,実際,多くの地域ではまだ秋らしい気配で紅葉の見時はまだ。

 秋分と冬至の中間で、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合、この日から立春の前日までが冬となる。(ウィキペディアより)

●季節の移ろいを感じ取る

 暦上は今日から立冬、冬の入り口という感じですが、近年の地球温暖化の影響なのか、あまり冬の寒さを感じることが少なくなってきているように思えます。特に筆者の私が住んでいる地方では、ここ数年、雪で路面が凍結することが全くない年もあり、子どものころと比べるといささか季節感が薄れている感が否めません。日本は南北に大変長い国ですので、他の地方ではまた違った季節感なのでしょうか。

 さて、東洋医学の世界でも、近代化が進むにつれ、考え方を変えなければならないことがあります。例えば、冷房器具の普及などに伴い、夏に体を冷やし過ぎて風寒の邪を受けている人がいたりします。伝統医学的な養生法についても記してある『黄帝内経 素問』では、冬は陽気を内蔵する時であり、早く寝て遅く起きるなど、所謂「おこもり生活」が推奨されていますが、現代社会においては一年中スポーツジムで汗を流している人もいたりします。

 もともと東洋医学のもとになる陰陽論は、農耕に役立てるために季節の気を感じ取ることから始まっていると言われていますが、日本ではその農耕においても、夏が暑すぎるために品種改良を余儀なくされたり、少しでも新米を早く出そうとコシヒカリ系統の早場米が主流になったりとしているようです。

 日本では古くから季節の移ろいを感じ、一年の生活リズムがそこにあったように思えます。地球規模の気象変化では仕方がないのかもしれませんが、コロナ禍でいろいろな社会活動が制限されているうちに、立ち止まって微かな季節の『気』を感じ取りながら、日々を暮らしていく・・・その中でまた一つの楽しみが生まれるかもしれません。

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

~日本鍼灸師会より~

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中