霜降

《 10月23日 今日は何の日? 》「霜降」

●霜降(そうこう)は、二十四節気の第18。九月中(通常旧暦9月内)。

 現在広まっている定気法では太陽黄経が210度のときで10月23日・24日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から10/12年(約304.37日)後で10月22日ごろ。

 露が冷気によって霜となって降り始めるころ。楓や蔦が紅葉し始めるころ。この日から立冬までの間に吹く寒い北風を木枯らしと呼ぶ。(ウィキペディアより)

<心と体の養生を大切に>

 新型コロナウイルスの影響により、外に出る機会も少なくなってしまったのではないでしょうか。これまでの生活様式を変えなければならない状況になっていますが、こういうときだからこそ、心と体の養生には気をつけておきたいものです。

 江戸時代の本草学者、儒学者である貝原 益軒は、「心は体の主人である。静かにして安らかでなければならない。体は心の家来である。動いて働かなければならない。心が安らかで静かであれば、心豊かで苦しみもなく楽しい。体を動かして働けば、飲食は滞らず、“血”も“気”もよく体内を巡って、病気になることはない。」とあります。

 しっかりと仕事に務め、適度な運動などで体を動かして、不安や心配などストレスを抱え過ぎず心を晴れやかに、日々を過ごしていきましょうね。

(『口語養生訓』日本評論社より一部引用)

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

~日本鍼灸師会より~

養生はこちら→「免疫力を整える「養生の基本」

心地良いよいうことはこちら→「心地よいということ

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

寒露

《 10月8日 今日は何の日? 》「寒露」

●寒露(かんろ)は、二十四節気の第17。九月節(旧暦8月後半から9月前半)。

 現在広まっている定気法では太陽黄経が195度のときで10月8日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から19/24年(約289.15日)後で10月7日ごろ。

 露が冷気によって凍りそうになるころ。雁などの冬鳥が渡ってきて、菊が咲き始め、蟋蟀(こおろぎ)などが鳴き始めるころ。(ウィキペディアより)

<季節の変わり目に体調を崩されることはありませんか?>

 朝晩と昼の気温差や、日によって急に冷え込んだり暖かくなったりすることがあるのが、この季節です。このような寒暖差やストレスは、自律神経に影響して、疲れやだるさ、頭痛、めまいなどの症状を引き起こしてしまう恐れがあるのです。また、情緒不安定になり、気分の落ち込みにつながることもあります。筆者の私も、初めて眠れないほどの頭痛とめまいを経験しました。

 自律神経には、活動時に作用する「交感神経」とリラックス時に作用する「副交感神経」の2種類があります。この2つの神経がバランスを取って作用することで、体温調節・血液循環・呼吸・消化・排泄・生殖・免疫などの機能を無意識に調整しており、生命維持には欠かせません。

 十分な睡眠、適度な運動、朝日を浴びることなど生活のリズムや習慣を整えて、鍼灸でしっかりケアをして自律神経のバランスを崩さないように心がけていきましょう。

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

~日本鍼灸師会より~

自律神経はこちら→「自律神経」まとめ

季節の変わり目はこちら→「季節の変わり目の体調不良

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

腰痛のツボ療法

<旬の魚~シャケ~>

鮭は秋刀魚と並び秋の味覚を代表する魚です。身は赤色ですが白身魚の部類で、エビやカニを餌にして赤くなります。赤い色はアスタキサンチンで、高い抗酸化作用があり眼精疲労も軽減します。

~セイリンカレンダーより~

 

腰痛まとめはこちら→「「腰痛」まとめ

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com