秋分

《 9月22日 今日は何の日? 》「秋分」

  • 秋分の日(しゅうぶんのひ)は、日本の国民の祝日の一つであり、

祝日法により天文観測による秋分が起こる秋分日が選定され休日とされます。

「昼と夜の長さが等しくなる日」といわれますが、

しばしば昼が短くなって、実際は夜の方が少し長くなります。

 

<暑さ寒さも彼岸まで(あつささむさもひがんまで)とは>

「冬の寒さ(余寒)は春分頃まで、夏の暑さ(残暑)は秋分頃までには和らぎ、凌ぎやすくなる」という意味の、

日本の慣用句です。

実際、気象庁などの観測データによれば、この慣用句の意味するところがおおよそ的を射ていることは推測可能です。

北日本と南日本では差はあり、年によって異なりますが、

おおむね秋分までは夏の季節現象では猛暑日・真夏日・熱帯夜になることもあります。

平均気温に例えると、

9月の秋の彼岸はおおむね5月下旬から6月上旬(南日本は6月上旬から下旬)の気温とほぼ同じのようです。

しかし、この慣用句も近年の温暖化による現象で、

昔と比べて気候が変化しており、従来の季節感とのズレを実感することが多くなりました。

慣用句がズレを生じ慣用句でなくなる時期が来るかもしれません。

 

なお、この慣用句の意味を転じて、

「辛いこともいずれ時期が来れば去っていく」という意味の諺(ことわざ)として用いられることもあります。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照。

これを流用し、

「新型コロナもいずれ時期が来れば去っていく」と願いたいものです。

 

季節の変わり目であることは間違いなく、体調も崩しやすい時期です。

ぜひ、鍼灸治療で体調を整えましょう。

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

~日本鍼灸師会より~

 

季節の変わり目はこちら→「季節の変わり目の体調不良

秋の元気な過ごし方はこちら→「秋の元気な過ごし方

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

 

湿疹のツボ療法

内因性の湿疹:体質からくるもの

外因性の湿疹:化粧品や薬品の刺激、日光や衣服などの物理的な刺激

肩髃(けんぐう):肩の先端で、腕を真横に上げたとき前側にできるくぼみ

中脘(ちゅうかん):みぞおちとへその中間

天枢(てんすう):へそから指の幅3本分横

合谷(ごうこく):手の甲側で親指と人差し指の間にあるツボ

腎兪(じんゆ):腰に手を当てて親指のあたるところ 倦怠感のツボ療法

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

白露

《 9月7日 今日は何の日? 》「白露」

  • 白露(はくろ)は、二十四節気の第15。八月節。

現在広まっている定気法では太陽黄経が165度のときで9月8日ごろ。

暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。

恒気法では冬至から17/24年(約258.71日)後で9月6日ごろ。

期間としての意味もあり、この日から、次の節気の秋分前日までである。

 

<鍼治療の免疫力UPについて>

最近、よく鍼治療で免疫力UPというフレーズを目にしますが、それらの説明がほとんどありません。

体に鍼を刺すと、体は異物が体内に入ったことを察知し、

白血球が増加します。白血球は、ウイルスが体に入った時にも

増加し、対ウイルスとして活躍します。鍼治療により白血球が増加し、

その時、体内にウイルスが居れば、当然、増加した白血球でそのウイルスに対抗します。

また、白血球の増加により、ウイルスに対抗する防衛準備をすることにもなります。

これが簡単な免疫力UPの説明です。

 

また、今年4月22日に中日新聞の夕刊に 新型コロナ治療 はりや漢方薬「有効」が掲載されました。

武漢市に治療に入った中医師が、鍼は効果が非常に早い。胸の苦しさが改善または全快し、

呼吸困難にも効果が得られた。それにより、「鍼治療で治療効果があったことは明白だ」

「90%以上の患者で炎症仰制などの効果があった」と

掲載されていました。

 

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

~日本鍼灸師会より~

 

白血球はこちら→「自己免疫力⑩「白血球(顆粒球・リンパ球)」

 

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

膝痛のツボ療法

 

<旬の魚~サンマ~>

秋刀魚は秋の味覚を代表する魚です。脂がのって美味しいのは秋から晩秋にかけて。代表的な青魚でDHA,EPAを多く含み、鉄分などのミネラルも豊富なので、積極的に食べたい魚の一つです。

 

~セイリンカレンダーより~

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com