処暑

《 8月23日 今日は何の日? 》「処暑」

  • 処暑(しょしょ) 二十四節気の第14。

処暑とは「夏が過ぎる頃」という意味を表しています。

英語では“Limit of heat”まさに「暑さの限界」であるこの日を機に厳しい暑さの峠を越し、朝夕には涼しい風が吹き、心地よい虫の声が聞こえて来るとされます。暑さが和らぎ、穀物が実り始めますが、同時に台風の季節の到来でもあります。

 

<風鈴>

思うように外出できない今年の夏、お家時間を楽しむための「風鈴」をおススメします。

そもそも風鈴は、唐の時代の中国に物事の吉凶を占うための青銅の鐘「占風鐸(せんふうたく)」が元になっており、仏教とともに伝来したと言われています。当時の日本は強い風は流行り病や邪気などの災いを運んでくると考えられていました。風鐸は、その音が聞こえる範囲は聖域とされ、災いから守ってくれるものとしてお寺の軒の四隅に吊るされるようになったのだそうです。平安時代には貴族が魔除けとして軒先に吊るしていたそうで、「風鈴」という呼び名はこの頃から使われるようになったとされています。夏の間に軒先に飾られるようになった風鈴ですが、今では魔除けの意味は薄れ、涼しさの演出として飾られることが多くなりました。

風鈴には、癒しやリラックス効果のある「1/ fのゆらぎ(エフぶんのいちのゆらぎ)」が存在します。「1/ fのゆらぎ」とは生体リズムに深く関わり、人間の心拍音にもみることができると言われるもので、一定のリズムで正確に動いているようで、詳しく調べると早くなったり遅くなったり不規則なズレがみられるリズムです。この細かなズレが「1/ fのゆらぎ」で、自然界では小川のせせらぎ、木漏れ日、波の満ち引き、また、ろうそくの炎、電車、風鈴の揺れなどにも「1/ fのゆらぎ」が存在します。人間はこのような生体リズムと一致するこのゆらぎを見聞きすることで、心地よい気分になりストレス解消や癒しを感じると言われています。

縁側のない住宅やマンションで風鈴の音をより楽しむなら、室内のエアコンや扇風機の風があたる場所に吊るせば、弱い風で控えめに鳴る風鈴が楽しめます。また玄関に吊るしておくと、扉を開けたときに通る風で涼やかに音が鳴り、暑い中来てくれたお客さまをお迎えするのに素敵な演出となります。

残暑の厳しい夏、風鈴を上手に取り入れて心で涼を味わいませんか。

 

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

~日本鍼灸師会より~

 

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中