大暑

《 7月22日 今日は何の日? 》「大暑」

今日は二十四節気の大暑。「たいしょ」と読みますが、「だいしょ」としても間違いではありません。土用の丑の日が過ぎ、梅雨明けが期待される頃です。青空のもと汗をかきながら過ごす暑い夏が来た、そのような絵が浮かぶ日です。

<水害時の避難について>

令和2年7月豪雨において、西日本を中心に各地で被災された方々へ心よりお見舞い申し上げます。いつも東洋医学関連の話題をお届けする小欄ですが、今回は水害時の避難についてお伝えしたいと思います。

最近は「雨がよく降りますね」の一言で終わらない日本になってきました。いつ何時、自分の住む町が豪雨や長雨による水害に見舞われるかわかりません。河川が近くにないから大丈夫とはいえず、がけ崩れなどによる土砂被害、下水道などの内水氾濫、地下街への雨水の流入など、雨による影響はいたるところで考えられます。

避難を考えるにあたり、前もって確認するのはハザードマップで地域の危険な場所を把握すること。それをもとに避難経路や避難場所を実際に見てまわるのが良いでしょう。

水害において覚えておく必要があるのは足元の状況です。冠水した道路はマンホールや側溝などが見えにくくなり、50?程度の水位で歩行は困難になり、車での移動も危険になるといわれます。

夜間であれば、激しい降雨により視界が遮られ、音もかき消され、さらに危険度が高くなります。できる限り冠水が浅く、明るいうちに避難することが大切です。

もし避難場所へ行けなくなった時には建物の上の方へ移動する「垂直避難」をしてください。

新型コロナウイルスの影響もあり、防災用品の中身にはマスクや消毒液なども欠かせません。濡れた体が冷えて体力が奪われることも考え、着替えやタオルも最低限用意しておくとよいでしょう。

テレビやラジオ、WEBの情報から冷静に判断し、避難行動を起こすのは各自の判断にゆだねられます。被災地の状況や過去の経験から学び、いざという時のための心構えを持つことが大切です。

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

~日本鍼灸師会より~

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中