咳・痰のツボ療法

せきやタンは、空気の通り道である気道に異物が入ったときに起こる条件反射のようなものです。

 

<咳・痰のツボ>

天突:のどぼとけの垂直化で骨にあたる手前のくぼみ

(喘息、扁桃炎、咽頭炎にも効果があります)

 

<老化による咳・痰のツボ>

(肺の細胞が萎縮してきて呼吸運動が低下することが原因)

太淵:手首にあるツボで、親指側の手首の付け根のへこみ

孔最:肘のしわと手首を結んだ線の肘から1/3下がったところ

尺沢:肘の内側で、肘を曲げて出てくるかたい腱の外側

 

<タンの切れをよくするツボ>

湧泉:足の裏、中央の深いくぼみ

然谷:内くるぶしの前下方にある出っ張った骨のすぐ下、足裏との境目

 

IMG_20200520_0001

 

喘息はこちら→「喘息のツボ療法」

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

<5月の休診日>

24(日)、25(月)31(日)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中