立夏

《 5月5日 今日は何の日? 》

立夏は二十四節気のひとつで、夏が立つと書くように、夏の兆しが見え始める頃という意味で、陽気も増し夏の気配を感じる時期です。暦の上では立夏から夏に入るため、「立夏を迎え、暦の上では夏となりました」といったフレーズをよく見聞きするでしょう。いわゆる初夏にあたります。なお、立夏から8月初旬の立秋の前日までが暦のうえでは夏になります。

2020年の立夏は、5月5日から5月19日です。毎年5月6日頃〜5月20頃にあたりますが、日付が固定されているわけではありません。二十四節気は季節の移り変わりを知るために1年を約15日間ごとに24に分けたものですが、太陽の動きに合わせて1年を24等分して決めるので一定ではなく、1日程度前後することがあるからです。

また、立夏といっても、立夏に入る日を指す場合と、立夏(二十四節気の第9)から小満(二十四節気の第10)までの約15日間をいう場合があります。

なお、二十四節気では、立夏の前は穀物を潤す雨が降る頃という意味の「穀雨」で、立夏の次は万物が生長し天地に満ち始める頃というという意味の「小満」となります。

★立夏前後の二十四節気の移り変わり(穀雨 → 立夏 → 小満)

 

  • 初侯:蛙始鳴(かわずはじめてなく) 5月5日頃

蛙(かわず/かえる)が鳴き始める頃といいますが,かえるの声を聴くことのできる環境もすくなくなってのではないでしょうか。

  • 次侯:蚯蚓出(みみずいづる) 5月10日頃

蚯蚓(みみず)が地上に出てくる頃。私の家は山際なのでみみずをみることができます。また嫌なことですが,むかでが出ます。(ムカデについては記述がありませんが)

  • 末侯:竹笋生(たけのこしょうず) 5月15日頃

たけのこが生えてくる頃。家は庭先が竹藪なので,4月の終わりころから筍が出てきました,

新緑も美しく、日々その色を濃くしていきます。季語にもなっている「薫風(くんぷう)」、「風薫る」は、青葉若葉を揺らす風に香りがあるかのような様子を表しています。「風薫る季節となりました」は、初夏の挨拶としてお馴染みです。新緑の木々は最も成長が盛んな時期に入るため、新緑の香りに元気をもらえそうですね。また、木々の間を吹き渡る「若葉風」や「草分けの風」も、初夏ならではのみずみずしさを感じることばです。

夏の始まりである立夏はいわゆる初夏で、梅雨を経て盛夏になります。気温は高くても湿気が低いので、爽やかで過ごしやすい時期ですね。気候も安定しており、ゴールデンウィークにあたるので、お出かけにも最適な時期とされてきました。つつじやさつきも見ごろです。なお、紫外線が強い時期なので、紫外線対策も忘れずに。【All about 暮らしの歳時記より】

~日本鍼灸師会より~

 

東洋医学「夏・心」はこちら→「東洋医学「夏」と「心」

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

<5月の休診日>

10(日)、11(月)、17(日)、18(月)、24(日)、25(月)31(日)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中