穀雨(こくう)

国民の皆様へ(日本鍼灸師会より)

『新型コロナウイルス感染症に対する日本鍼灸師会の考え方』~緊急事態宣言を受けて~(令和2年4月10日)

 

令和元年12 月に中国湖北省周辺で発生した新型コロナウイルス感染症は、3月中旬以降から大都市を中心に感染が拡大する傾向にあり、4月7日夕刻には、政府より7都道府県に対し、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、新型コロナウイルス感染症に関する「緊急事態宣言」が発令されました。

緊急事態宣言下では不要不急の外出自粛や様々な業種の業務制限・停止を要請されていますが、鍼灸院は他の医療機関と同様に業務停止要請の対象外となっています。

国民の皆様からの治療の要望がある限り、(公社)日本鍼灸師会会員の鍼灸治療院では、その要望に応えるべく最大限の努力をする決意です。そのために、本会では新型コロナウイルス感染防止ガイドラインを作成し、会員に院内感染防止策を徹底して周知し、平時以上の衛生管理を行い、感染予防と拡大防止に努めてまいります。

このような状況下では、身体活動や社会活動の制限により、生活不活発病やうつなどの様々な健康不安が増加してくることが危惧されます。鍼灸治療は血液の循環を改善し、自律神経のバランスを整え、それらの症状を改善する効果があります。また、免疫力を高め、感染症を予防する効果も期待できます。

国民の皆様におかれましては、このような時にこそ、適度な運動、バランスの良い食事と質の良い睡眠、そして鍼灸治療を活用して心身の健康を維持し、健康不安を払拭していただけるよう、お願い申し上げます。

(公益社団法人日本鍼灸師会 会長 小川卓良、危機管理委員長 矢津田善仁)

 

<4月19日 今日は何の日?>

  • 穀雨(こくう)は、二十四節気の第6。清明から数えて15日目頃。春季の最後の節気。春雨が百穀を潤すことから名づけられたもので、雨で潤った田畑は種まきの好期を迎えます。この時季に、特に雨が多いというわけではありませんが、穀雨以降、降雨量が多くなり始めます。「清明になると雪が降らなくなり、穀雨になると霜が降りることもなくなる」という言葉があるように、南の地方ではトンボが飛び始め、冬服やストーブとも完全に別れる季節です。変わりやすい春の天気もこの頃から安定し、日差しも強まってきます。

昔から、この日を田植えの準備をする目安にしているようです。穀雨が終わる頃に八十八夜を迎えます。(日本の行事・暦より抜粋)

 

去る3月25日(水)夜10時からのNHKのラジオ番組「NHKジャーナル」において、ジャーナリストの池上彰さんは「月刊おとなニュース」というコーナーで以下のようにおっしゃっていました。

「世界史において、実は感染症が拡大したことで世界が動いたということはたくさんある。例えば紀元前430年頃アテネとスパルタの『テロポネス戦争』では、アテネがスパルタに敗れてしまったが、実はその当時アテネでは現代でみると天然痘あるいは麻疹(はしか)が大流行していて、それで戦争ができないような状態になって負けたと言われている。また、スペインがアステカ帝国やインカ帝国を滅ぼして南米を植民地にしたが、特にインカ帝国を滅ぼした時、スペイン軍はわずか200人で南米に上陸してこれを成した。しかし実はこれはスペイン軍の兵力ではなく、スペイン人が知らず知らずの内に天然痘のウイルスを持ち込んだからとされている。つまりそれまでにヨーロッパでは天然痘が頻繁に流行していて、スペイン人達は免疫を持っていたが、南北アメリカには天然痘のウイルスは無かったので誰も免疫を持っていなかった。その結果、南米があっという間にスペイン人によって占拠されてしまった。

また北米に関しても、イギリスのピューリタンが同様に天然痘ウイルスを知らず知らずの内に持ち込んで、先住民が感染、どんどん先住民が死んで行く。それを当時のピューリタンは「神が自分たちのために土地を用意してくれたんだ」と勝手に解釈して、「我々は神様に支持されているんだ」と言ってどんどんどんどん先住民を追いやって行ったという歴史がある。

それから『スペイン風邪』も今となってはインフルエンザだったと分かっているが、あれは元々第一次世界大戦時にアメリカ軍が参戦するとなった時に、とあるアメリカ兵が罹っていたインフルエンザが訓練施設で他の兵士に感染し、その感染したアメリカ兵がヨーロッパに派兵されてフランス軍にもドイツ軍にもあっという間に広がり、第一次世界大戦の終戦が早まったとされている。そのように感染症は世界を大きく変えてきている」。

「一方世の中が変わったことで感染症が拡大した歴史もある。ヨーロッパでは少なくとも14世紀と17世紀にペストの大流行があったが、最近の研究でその頃のペストで亡くなった方の遺骨を掘り出してペスト菌の遺伝子を調べたら、中国で発生したものと同じ遺伝子だったことから、その時のペストは実は中国からシルクロードを通ってヨーロッパにもたらされたということが明らかになった。そして今回の新型コロナウイルスがイタリアやイランで流行しているが、これは今両国とも中国の『一帯一路政策』で非常に関係を強めていて、大勢の中国人が行き来していることが感染の広がった原因ではと考えられる」。

「逆に感染症が良い結果をもたらしたこともある。実は17世紀、ヨーロッパでペストの感染が広がった時、当時イングランドの大学に通っていたアイザック・ニュートンは大学がペストの感染拡大のために休校になったことで故郷に帰っていろいろ思索を深めていたところ『リンゴの実が落ちるのを見て、万有引力の法則を発見した』と言われている。また、天然痘は過去に大きく世界を変える原因になったウイルスだが、今ではこの地球上では駆逐されたとされている。それは東西冷戦時代、当時対立していたソ連とアメリカが一緒になって天然痘を地球から無くそうと珍しく協力して、ついに1980年にWHOが「天然痘撲滅宣言」をすることができた。世界が協力すれば感染症にも打ち勝つことができる」。今回の新型コロナウイルスにおいても、この外出規制・自宅待機の時間をもって多くの人が思索を深めるきっかけとなり新たな進歩発見がある可能性もある」などなど。

今回の新型コロナウイルス禍が「禍転じて福と成す」という良い結果をもたらしてくれることを期待して、今は自分が感染しないことはもちろん、感染を広げないよう「ソーシャルディスタンスと5つのお願い」に則した行動をとりましょう。「ソーシャルディスタンスと5つのお願い」Are you OK?

~日本鍼灸師会より~

 

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

<4月の休診日>

26(日)、27(月)29(水・祝)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中