穀雨(こくう)

国民の皆様へ(日本鍼灸師会より)

『新型コロナウイルス感染症に対する日本鍼灸師会の考え方』~緊急事態宣言を受けて~(令和2年4月10日)

 

令和元年12 月に中国湖北省周辺で発生した新型コロナウイルス感染症は、3月中旬以降から大都市を中心に感染が拡大する傾向にあり、4月7日夕刻には、政府より7都道府県に対し、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、新型コロナウイルス感染症に関する「緊急事態宣言」が発令されました。

緊急事態宣言下では不要不急の外出自粛や様々な業種の業務制限・停止を要請されていますが、鍼灸院は他の医療機関と同様に業務停止要請の対象外となっています。

国民の皆様からの治療の要望がある限り、(公社)日本鍼灸師会会員の鍼灸治療院では、その要望に応えるべく最大限の努力をする決意です。そのために、本会では新型コロナウイルス感染防止ガイドラインを作成し、会員に院内感染防止策を徹底して周知し、平時以上の衛生管理を行い、感染予防と拡大防止に努めてまいります。

このような状況下では、身体活動や社会活動の制限により、生活不活発病やうつなどの様々な健康不安が増加してくることが危惧されます。鍼灸治療は血液の循環を改善し、自律神経のバランスを整え、それらの症状を改善する効果があります。また、免疫力を高め、感染症を予防する効果も期待できます。

国民の皆様におかれましては、このような時にこそ、適度な運動、バランスの良い食事と質の良い睡眠、そして鍼灸治療を活用して心身の健康を維持し、健康不安を払拭していただけるよう、お願い申し上げます。

(公益社団法人日本鍼灸師会 会長 小川卓良、危機管理委員長 矢津田善仁)

 

<4月19日 今日は何の日?>

  • 穀雨(こくう)は、二十四節気の第6。清明から数えて15日目頃。春季の最後の節気。春雨が百穀を潤すことから名づけられたもので、雨で潤った田畑は種まきの好期を迎えます。この時季に、特に雨が多いというわけではありませんが、穀雨以降、降雨量が多くなり始めます。「清明になると雪が降らなくなり、穀雨になると霜が降りることもなくなる」という言葉があるように、南の地方ではトンボが飛び始め、冬服やストーブとも完全に別れる季節です。変わりやすい春の天気もこの頃から安定し、日差しも強まってきます。

昔から、この日を田植えの準備をする目安にしているようです。穀雨が終わる頃に八十八夜を迎えます。(日本の行事・暦より抜粋)

 

去る3月25日(水)夜10時からのNHKのラジオ番組「NHKジャーナル」において、ジャーナリストの池上彰さんは「月刊おとなニュース」というコーナーで以下のようにおっしゃっていました。

「世界史において、実は感染症が拡大したことで世界が動いたということはたくさんある。例えば紀元前430年頃アテネとスパルタの『テロポネス戦争』では、アテネがスパルタに敗れてしまったが、実はその当時アテネでは現代でみると天然痘あるいは麻疹(はしか)が大流行していて、それで戦争ができないような状態になって負けたと言われている。また、スペインがアステカ帝国やインカ帝国を滅ぼして南米を植民地にしたが、特にインカ帝国を滅ぼした時、スペイン軍はわずか200人で南米に上陸してこれを成した。しかし実はこれはスペイン軍の兵力ではなく、スペイン人が知らず知らずの内に天然痘のウイルスを持ち込んだからとされている。つまりそれまでにヨーロッパでは天然痘が頻繁に流行していて、スペイン人達は免疫を持っていたが、南北アメリカには天然痘のウイルスは無かったので誰も免疫を持っていなかった。その結果、南米があっという間にスペイン人によって占拠されてしまった。

また北米に関しても、イギリスのピューリタンが同様に天然痘ウイルスを知らず知らずの内に持ち込んで、先住民が感染、どんどん先住民が死んで行く。それを当時のピューリタンは「神が自分たちのために土地を用意してくれたんだ」と勝手に解釈して、「我々は神様に支持されているんだ」と言ってどんどんどんどん先住民を追いやって行ったという歴史がある。

それから『スペイン風邪』も今となってはインフルエンザだったと分かっているが、あれは元々第一次世界大戦時にアメリカ軍が参戦するとなった時に、とあるアメリカ兵が罹っていたインフルエンザが訓練施設で他の兵士に感染し、その感染したアメリカ兵がヨーロッパに派兵されてフランス軍にもドイツ軍にもあっという間に広がり、第一次世界大戦の終戦が早まったとされている。そのように感染症は世界を大きく変えてきている」。

「一方世の中が変わったことで感染症が拡大した歴史もある。ヨーロッパでは少なくとも14世紀と17世紀にペストの大流行があったが、最近の研究でその頃のペストで亡くなった方の遺骨を掘り出してペスト菌の遺伝子を調べたら、中国で発生したものと同じ遺伝子だったことから、その時のペストは実は中国からシルクロードを通ってヨーロッパにもたらされたということが明らかになった。そして今回の新型コロナウイルスがイタリアやイランで流行しているが、これは今両国とも中国の『一帯一路政策』で非常に関係を強めていて、大勢の中国人が行き来していることが感染の広がった原因ではと考えられる」。

「逆に感染症が良い結果をもたらしたこともある。実は17世紀、ヨーロッパでペストの感染が広がった時、当時イングランドの大学に通っていたアイザック・ニュートンは大学がペストの感染拡大のために休校になったことで故郷に帰っていろいろ思索を深めていたところ『リンゴの実が落ちるのを見て、万有引力の法則を発見した』と言われている。また、天然痘は過去に大きく世界を変える原因になったウイルスだが、今ではこの地球上では駆逐されたとされている。それは東西冷戦時代、当時対立していたソ連とアメリカが一緒になって天然痘を地球から無くそうと珍しく協力して、ついに1980年にWHOが「天然痘撲滅宣言」をすることができた。世界が協力すれば感染症にも打ち勝つことができる」。今回の新型コロナウイルスにおいても、この外出規制・自宅待機の時間をもって多くの人が思索を深めるきっかけとなり新たな進歩発見がある可能性もある」などなど。

今回の新型コロナウイルス禍が「禍転じて福と成す」という良い結果をもたらしてくれることを期待して、今は自分が感染しないことはもちろん、感染を広げないよう「ソーシャルディスタンスと5つのお願い」に則した行動をとりましょう。「ソーシャルディスタンスと5つのお願い」Are you OK?

~日本鍼灸師会より~

 

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

<4月の休診日>

26(日)、27(月)29(水・祝)

免疫力を整える「養生の基本」

当院に通院できない方にも自宅での養生の参考になればと思います。

 

~中国の新型コロナウイルス肺炎診療ガイドラインより抜粋~

(武漢では新型コロナウイルス肺炎に対して漢方薬と鍼灸も施したそうです。)

 

東洋医学には「冬に寒くならないと疫病が流行りやすい」という言葉があります。

中国武漢でも昨年は12 月な のにずっと暖かくてなかなか気温が下がらず、最高気温が 17°Cの日もありまし たが、中頃から急に気温が落ち、いきなり新型コロナウイルス肺炎が発症したことがわかりました。

武漢の 11 月中旬から下旬の前は、長時間、天気は乾燥して、突然に空気は冷 たくなり、寒くなった。その後、12月1日に第1例の肺炎患者があらわれた。12 月下旬に降雨が増えて、1 月の気温は高く湿度が高かった。 湿度が高く、寒く、天気は寒く湿気がつよかったので、これが寒湿疫の前提とな った。『秋に燥邪に傷つけられると、 冬に咳嗽になる』

~中国の新型コロナウイルス肺炎診療ガイドラインより抜粋~

 

養生の基本はおへそを温めること。おへそを温め、腸を健康にしておくこと は、万一 かかった時に軽症で済むためにも大切です。お腹を温めましょう。

 

食事のバランス>

普段何気なく食事をとりがちですが、好きなものに偏った食事になっていませんでしょうか。

江戸時代の本草学者、儒学者である貝原益軒の著書『養生訓』では、「五味偏勝とは、甘い・辛い・鹹(塩辛)い・苦い・酸っぱいの「五味」のうち、どれかを多く食べすぎることをいう。

甘いものが多ければ、腹が張って痛くなる。辛いものが過ぎれば、上気して“気”が減り、でき物ができたり、目が悪くなったりする。塩辛いものが多ければ、血が乾き、のどが乾く。そこで水を多く飲めば、“湿”が生じ、胃腸を傷める。苦いものが多ければ、胃腸の生気を損じる。酸っぱいものが多ければ、“気”が縮まる。「五味」、すなわちいろいろな味と働きのある食品を少しずつ食べれば、病は生じない。肉であれ野菜であれ、同じものを続けて食べれば滞って害がある。」と書かれています。

できるだけ、食事のバランスを意識してとることで、病気にならないための養生を大切にしたいものですね。日常生活に役立つ養生は、取り入れてみてはいかがでしょうか。

(貝原益軒原著・松宮光伸訳注『口語養生訓』日本評論社より一部引用)

 

<質の良い睡眠>

「睡眠」のまとめはこちら→「睡眠」まとめ

 

<適度な運動>

免疫力を高める適度な運動はこちら→「免疫力を高める適度な運動とは?

 

<笑う>

前頭葉が興奮→免疫の司令塔(自律神経の中枢)である間脳が活性→NK細胞が活性化

 

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

<4月の休診日>

12(日)、13(月)、19(日)、20(月)、26(日)、27(月)29(水・祝)

緊急事態宣言の発令

昨日、新型コロナウイルス感染の拡大防止のため、東京都を含む7都府県を対象に「緊急事態宣言」が発令されました。

日頃より、はりきゅう施術所には痛みや辛さを抱えた方が通院されております。

痛みの増悪を抑えたり、QOL(クオリティ・オブ・ライフ:人生の質・生活の質)の向上・維持は大事なことと考えられます。緊急事態宣言下においても、患者様の健康に資するよう施術を継続いたします。

 施術にあたっては、施術者自身が健康に留意し、毎日検温を行なっています。また、3つの密(密閉、密集、密接)が重ならないようにすること、感染防止対策の徹底(消毒・換気・マスク)に努めてまいります。

当面の間、患者様同士が接触しないよう予約前後の間隔を空けた「完全予約制」(施術中は院内に患者様お一人)とさせていただきます。

 事態は刻々と変化しており、今後、新型コロナウイルス感染者数が急激に増加した場合や、通院することに不安のある方は直前キャンセルでもかまいませんのでご連絡ください。

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

<4月の休診日>

12(日)、13(月)、19(日)、20(月)、26(日)、27(月)29(水・祝)

清明

44日 今日は何の日?>

清明(せいめい)は、二十四節気の第5。三月節(旧暦2月後半から3月前半)。

万物がすがすがしく明るく美しいころ。『こよみ便覧』には三月節に「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれるなり」と記されている。様々な花が咲き乱れ、お花見シーズンになる。(Wikipediaより抜粋)

 

「清明」と同じ読み方で「日」偏では「晴明」があり、この字がついた著名人として平安時代の陰陽師「安倍晴明」がいます。979年(天元2年)、59歳の晴明は当時の皇太子師貞親王(後の花山天皇)の命で那智山の天狗を封ずる儀式を行い、また正暦4年(993年)2月、一条天皇が急な病に伏せった折、晴明が禊(みそぎ)を奉仕したところ、たちまち病は回復し、寛弘元年(1004年)7月には深刻な干魃が続いたため晴明に雨乞いの五龍祭を行わせたところ雨が降ったなど、その偉業は数知れず記されています。

京都の上京区にある「清浄華院」所蔵の「泣不動縁起」絵巻の中には、安倍晴明が「疫病神退治」をするシーンが描かれています。平安時代の京都は数多くの災害や疫病が発生し、当時としてそれを鎮めるさまざまな取組みの一つに、今の日本三大祭りの一つ「祇園祭」があります。

今般の新型コロナウイルスの世界的大流行に対し、今最新の医学をもってそれに対処すべく努力が続けられていますが、西洋医学の手法のみに頼らず、東洋医学の手法として、鍼灸による補気益気作用をもって自己免疫力を高めることの有効性も大いに世の中に知らしめていくことは、このピンチを活かし、鍼灸発展のチャンスにしていけるのではないでしょうか。

 

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

~日本鍼灸師会より~

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

<4月の休診日>

12(日)、13(月)、19(日)、20(月)、26(日)、27(月)29(水・祝)

 

新型コロナウイルス対策について

・院内の消毒と換気の徹底

・来院時とお帰りの際の手指消毒にご協力ください(アルコール過敏症の方は手洗いができます)

・患者様同士が接触しないよう、予約前後の間隔をあけた完全予約制(施術中は院内に患者様お一人)

 

ご協力お願い申し上げます。

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

<4月の休診日>

12(日)、13(月)、19(日)、20(月)、26(日)、27(月)29(水・祝)

 

 

要介護の原因

介護が必要になる原因は、病気または老年症候群です。老年症候群は高齢者の要介護原因の50%を占めるため、老年症候群対策は介護予防に有効です。

●要介護原因となる主な病気

・脳血管障害、パーキンソン病、心疾患など

・対応は医療サービス

●要介護原因となる主な老年症候群

・高齢(老化)そのもので生じる衰弱、転倒、骨折、関節疾患、認知症など

・対応は介護予防サービス

IMG_20200402_0002

~日本鍼灸師会より~

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

<4月の休診日>

5(日)、6(月)、12(日)、13(月)、19(日)、20(月)、26(日)、27(月)29(水・祝)

健康長寿の要因

<高齢者の健康余命を延長する要因>

●強い要因

・仕事や活発な社会活動をしていること

・健康度自己評価が良いこと

・体力があること(筋力・バランス能力・歩行能力が高いこと)

●要因

・適度な飲酒

・アルブミン値が低くないこと

・コレステロール値が低くないこと

 

<高齢者の健康余命を短縮する要因>

●強い要因

・睡眠時間が長いこと

・・咀嚼力が落ちること

・過去1年で入院歴があること

●要因

・喫煙

・抑うつ傾向があること

・視力が落ちること

・過去1ヶ月で通院歴があること

・慢性疾患があること

 

IMG_20200402_0001

~日本鍼灸師会より~

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

<4月の休診日>

5(日)、6(月)、12(日)、13(月)、19(日)、20(月)、26(日)、27(月)29(水・祝)

健康余命と不健康余命

介護予防(不健康余命期間の短縮)は老若男女問わず全ての人にとって重要です。特に高齢になるほどその必要性は高くなります。

IMG_20200402_0001

健康余命:心身ともに自立して活動的な状態で生活できる期間

不健康余命(障害期間):障害・要介護の期間

平均余命(健康余命+不健康余命):介護予防の対象者は老若男女問わず全ての人となりますが、特に高齢者(65歳以上の方)がその対象となります

~日本鍼灸師会より~

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

<4月の休診日>

5(日)、6(月)、12(日)、13(月)、19(日)、20(月)、26(日)、27(月)29(水・祝)

鍼灸の効果

鍼灸は免疫力・自然治癒力を高めて体の内側から治す治療法です

・免疫力を高める、免疫力を整える

・血流改善

・即効的な鎮痛作用

・神経の興奮を抑える

・自律神経の調整

・ホルモンの調整

・抗ストレス作用

・向ホメオスタシス効果(生体を最も望ましい状態に誘う力=血圧・深部体温の正常化や抗酸化作用など)

薬と違って副作用の心配がなく、鍼灸治療を続けることで体質改善を図りやすく、慢性的な病気の治療にも大いに役立ちます。

科学的に解明されてきている東洋医学

鍼灸を施す→神経伝達物質が放出される→リンパ球を増やして免疫力を高め、また過剰になっている免疫状態を正常に戻します。さらに自律神経にも作用し、白血球のリンパ球と顆粒球のバランスも整えます。

鍼刺激が副腎に作用し抗炎症作用があることも分かっています。

このように鍼灸には免疫力を整え、病気になりにくい健康な身体づくりに役立つことが解明されてきています。

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

<4月の休診日>

5(日)、6(月)、12(日)、13(月)、19(日)、20(月)、26(日)、27(月)29(水・祝)

肩こりのツボ療法

IMG_20191217_0005

 

<旬の魚-まぐろ->

鮪は種類が豊富で、日本の食卓によくのぼるのは、クロ鮪・ミナミ鮪・キハダ・メバチ・ビンナガなどです。タンパク質、動脈硬化を防ぐEPA、脳の機能を高めるDHAが豊富で、生活習慣病の予防に効果があるとされています。

~セイリンカレンダーより~

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

<4月の休診日>

5(日)、6(月)、12(日)、13(月)、19(日)、20(月)、26(日)、27(月)29(水・祝)