春分の日

320日 今日は何の日?》

●春分は二十四節気の第4。よく昼の長さと夜の長さがほぼ等しくなるとされるが、実際にわが国では昼の方が14分ほど長くなります。

現在広まっている定気法では、太陽が春分点を通過した瞬間、すなわち太陽黄経が0度となったときで、天文学ではその瞬間であるが、暦ではその瞬間が属する日であり、これを春分日(しゅんぶんび)と呼びます。したがって、いずれの日が春分日になるかはその国・地域の時差によって1日の違いが生じ、日本では320日または321日になることが多いようです。

また恒気法では、冬至から1/4年(約91.31日)後で323日ごろを指します。期間としての意味もあり、この日から、次の節気の清明前日までとなります。(ウィキペディアより)

 

「生活不活発病」をご存知ですか?

昨今、新型コロナウイルス感染拡大対策として、不要不急の外出、移動、集会の自粛が促され、様々な集会、イベント等が中止や延期となっています。経済への影響もさることながら、高齢者を中心に「生活不活発病」という新たな健康被害への懸念が高まっています。

「生活不活発病」とは「動かない」(生活が不活発な)状態が続くことにより、心身の機能が低下して、「動けなくなる」ことをいいます。この疾患はフレイルやサルコペニアといった身体的な衰えのみならず、社会参加や行動環境という要因を加味した概念です。また、災害医療の舞台ではメジャーな概念で、避難生活が長引くと高齢者を中心に発生することが危惧され、災害関連死の原因の一つとされるものです。

(参考URLhttps://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/shippei-undou/undou-busoku-byou.html

最近のコロナ禍による巷の状況は、まさに災害時のそれと通じるものがあり、「自粛」という社会環境によって社会参加や活動を制限され、心身の活動が不活発な状態に陥る高齢者の方々が増えることが予想されます。

近年の災害現場では、多職種連携の名のもと鍼灸師の活躍する場も増え、生活不活発病に対しての予防として、鍼灸治療への期待を強く感じています。昨今のこの状況を一つの災害と捉え、より多くの方に鍼灸施術を通じて健康管理をしていただけることを切望します。

 

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

(鍼灸師会マガジンより)

 

サルコペニアはこちら→「筋肉が減る「サルコペニア」

フレイルはこちら→「要介護予備群「フレイル(虚弱)」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

 

 

免疫力を上げる(ナチュラルキラー細胞を活性化させる)には?

体内ではがん細胞が毎日発生しています。

このがん細胞や細菌・ウイルスを攻撃し排除してくれているのがナチュラルキラー細胞(NK細胞)です。

子供や高齢者でもNK細胞の数はほとんど変わりませんが、

働きは20歳をピークに、50代ではピーク時の半分になってしまいます。

高齢者にがんが多いのはNK細胞の活性が低下してしまうことが原因の一つです。

 

<NK細胞を活性化させるには?>

・笑う→前頭葉が興奮→免疫の司令塔(自律神経の中枢)である間脳が活性→NK細胞が活性化

・質の良い睡眠をとる(6時間以上は眠る)

・体温を上げる(シャワーではなくお風呂に入る)

・発酵食品、食物繊維をとり腸内の善玉菌を増やす

・適度な有酸素運動(ウオーキング、スロージョギング20~30分)

・大声で歌う

※なによりストレスを溜めないことが大事です(気遣いをし過ぎない、楽観的に考えることも時には必要)

 

<NK細胞の働きが下がる原因>

・喫煙

・大酒

・偏食

・過労

・ストレス

・加齢

・運動不足、激しい運動

・昼夜逆転の生活

・睡眠不足

・脱水

・ネガティブ思考

 

自己免疫力①はこちら→「加齢と免疫力低下」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

緊急時の生体反応

アドレナリンとノルアドレナリンは神経伝達物質で、類似した種々の生理作用を持ちます。

生体が緊急事態に直面する(興奮)

アドレナリンやノルアドレナリンが分泌され

闘争か逃走(防衛)か、緊急反応が起こる

 

●アドレナリン

・心拍出量増加作用が著しい

・血糖値上昇作用が著しい

・副腎髄質から分泌され体の各器官に作用する

↓↓↓

ストレスや緊張により→ドキドキしたり手が冷たくなるなど体の反応が起こる

 

●ノルアドレナリン

・末梢血管収縮による血圧上昇作用が著しい

・副腎髄質・脳内・交感神経の終末から分泌され脳や神経に作用する

↓↓↓

ストレスや緊張により→イライラしたり攻撃的になったり不安になる

 

◎ストレスや緊張が長期に渡ると

アドレナリンやノルアドレナリンが不足し

やる気や注意力が低下し、自律神経が乱れてうつ状態になってしまいます

 

※パニック障害は、恐怖や不安に関係しているノルアドレナリンと、興奮を抑えるセロトニンのバランスが崩れてパニック発作を起こすと言われています

 

セロトニンを増やすにははこちら→「セロトニンを増やすには?

自律神経がを整えるはこちら→「自律神経を整える=脳幹を鍛える

自律神経と白血球はこちら→「自己免疫力⑩「白血球(顆粒球・リンパ球)」

ストレスと病気はこちら→「ストレスと病気、オキシトシンを増やす

ストレスと胃炎はこちら→「胃炎・胃痛「機能性ディスペプシア」

 

晴鍼灸院/整体院  03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

<3月の休診日>

8(日)、9(月)、15(日)、16(月)22(日)、23(月)、29(日)、30(月)

啓蟄(けいちつ)

35日 今日は何の日?》

啓蟄(けいちつ)は、二十四節気の第3。二月節(旧暦1月後半から2月前半)。

「啓」は「開く」、「蟄」は「虫などが土中に隠れ閉じこもる」ことを示し、「啓蟄」で「冬籠りの虫が這い出る」(広辞苑)という意味を表しています。また春の季語でもあります。

(ウィキペディアより)

  新型コロナウイルス(COVID-19)について>

現在、わが国では新型コロナウイルス感染症の話題であふれ、テレビやネットでは、感染者の感染経路についての記事が連日あげられ、マスクのみならずトイレットペーパーまでなくなるような集団パニックに近い状態となっています。誰もがウイルス検査できる体制ではなく、実際にどのくらい感染が広がっているのかわからない状態なので無理もないことなのかもしれません。感染が世界的な広がりを見せる中、休校措置をとり始めたイタリア・ミラノで、ある高校の校長が同校のネット掲示板に書き込んだメッセージが秀逸だと話題になっているので、紹介します。

「〜ヴォルタ高校の皆さんへ〜」で始まるメッセージでは、マンゾーニという作家の小説中でペスト禍について記された章を引用し、現在の状況と比較して意見を述べています。

「外国人を危険と見なし、当局間は激しい衝突。最初の感染者をヒステリックなまでに捜索し、専門家を軽視し、感染させた疑いのある者を狩り、デマに翻弄され、愚かな治療を試し、必需品を買い漁り、そして医療危機。君たちもよく知っている通りの名前がいくつも登場するこの章は、マンゾーニの小説というより、まるで今日の新聞を読んでいるかのようです。」

「目に見えない敵に脅かされた時、人間の本能は、あたかもそこら中に敵がいるかのように感じさせ、私たちと同じ人々までも脅威とみなしてしまう危険があります。」

14世紀と17世紀のペスト流行時とは異なり、現代の私たちには確実で進歩し続ける医学があります。社会と人間性、私たちの最も貴重な資産であるこれらを守るために、文明的で合理的な思考をしましょう。もしそれができなければ、ペストが勝利してしまうかもしれません。では、学校で君たちを待っています。」(出典:ブログ「ボン先輩は今日もご機嫌」より抜粋)

いかがでしょうか?文明の発達した現代に住んでいる私たち。デマに惑わされず、正しい情報を取捨選択し、冷静にこの危機的状況を乗り越えたいものです。

 

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

 

~鍼灸師会マガジンより~

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

<3月の休診日>

8(日)、9(月)、15(日)、16(月)22(日)、23(月)、29(日)、30(月)

 

目の疲れのツボ療法

 

<旬の魚~いか~>

烏賊は高たんぱく質で低脂質。烏賊の代表的な栄養素であるタウリンは、ほのんのりとした甘みを感じさせる旨みの元です。干したスルメイカの表面に吹く粉はタウリンが結晶化したものです。

~「セイリンカレンダー」より~

 

目の老化と肩こりはこちら→「肩こり③「目の老化(眼精疲労)と肩こり」

 

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

晴鍼灸院/整体院

<3月の休診日>

8(日)、9(月)、15(日)、16(月)22(日)、23(月)、29(日)、30(月)