雨水

219日 今日は何の日?》

●雨水(うすい)

二十四節気の第2の節気で、空から降るものが雪から雨へと変わり、雪が溶け始めるころです。山に積もった雪がゆっくりと溶け出し、田畑を潤します。

実際は積雪のピークであり、それゆえ、この時節から寒さも峠を越え、衰退し始めると見ることもできます。昔から農耕の準備を始める目安とされてきました。

(ウィキペディアより)

 

 

食事のバランス>

普段何気なく食事をとりがちですが、好きなものに偏った食事になっていませんでしょうか。

江戸時代の本草学者、儒学者である貝原益軒の著書『養生訓』では、「五味偏勝とは、甘い・辛い・鹹(塩辛)い・苦い・酸っぱいの「五味」のうち、どれかを多く食べすぎることをいう。甘いものが多ければ、腹が張って痛くなる。辛いものが過ぎれば、上気して“気”が減り、でき物ができたり、目が悪くなったりする。塩辛いものが多ければ、血が乾き、のどが乾く。そこで水を多く飲めば、“湿”が生じ、胃腸を傷める。苦いものが多ければ、胃腸の生気を損じる。酸っぱいものが多ければ、“気”が縮まる。「五味」、すなわちいろいろな味と働きのある食品を少しずつ食べれば、病は生じない。肉であれ野菜であれ、同じものを続けて食べれば滞って害がある。」と書かれています。

できるだけ、食事のバランスを意識してとることで、病気にならないための養生を大切にしたいものですね。日常生活に役立つ養生は、取り入れてみてはいかがでしょうか。

(貝原益軒原著・松宮光伸訳注『口語養生訓』日本評論社より一部引用)

 

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

 

春の養生はこちら→「春の養生

東洋医学「春・肝」はこちら→「東洋医学「春」と「肝」

 

晴鍼灸院/整体院  03-6450-0345

ホームページ https://harushinkyu.com

<2月の休診日>

23(日)、24(月)

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中