生理痛「月経困難症」

腹部が痛くなったり頭痛・腰痛などが起こる月経困難症は、機能性月経困難症と器質性月経困難症に分けられます。

 

<機能性月経困難症>

・子宮を収縮させる物質であるプロスタグランジンの分泌量が多い(冷えやストレスが関連する)→支給・血管・腸管が過収縮して痛む

・子宮の出口が狭い

・子宮筋の感受性が強い

 

 

<器質性月経困難症>

・子宮内膜症

・子宮筋腫

・子宮腺筋症

・子宮の形態異常

 

*年齢とともにひどくなっている場合は、器質性月経困難症が疑われるため早めの対処が必要です

 

生理痛はこちら→月経痛(生理痛)

生理の頭痛はこちら→生理痛の頭痛

月経前症候群はこちら→月経前症候群(PMS)

生理痛のツボ療法はこちら→生理痛のツボ療法

 

晴鍼灸院/整体院  03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中