冬至

《 12月22日 今日は何の日?》

  • 冬至(とうじ)

北半球では1年の内で最も太陽の位置が低くなり、日照時間が最も短くなる日です。

中国や日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくることから、陰が極まり再び陽にかえる日という意味で「一陽来復(いちようらいふく)」といって、冬至を境に力が蘇り運気が上昇すると言われています。また冬至には「ん」のつくものを食べると「運」を呼び込むことができると伝えられています。なんきん、にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかん……など「ん」のつくものを「運盛り」といい縁起をかついでいたのです。運盛りは縁起かつぎだけでなく、栄養をつけて寒い冬を乗りきるための知恵でもあります。また、「いろはにほへと」が「ん」で終わることから、「ん」には一陽来復の願いが込められているのです。

 

<ゆず湯>

寒い日のお風呂は最高ですね。冬至にゆず湯に入る習慣は、湯で心身を癒す「湯治(とうじ)」との語呂合わせだとも言われています。冬が旬のゆずは香りも強く、強い香りは邪気を遠ざけるという考えもありました。

実際にはどのような効果があるのでしょうか。何も入れない普通のお湯とゆず湯を比較したところ、入浴後の血管拡張に4倍の差が認められ、深部体温にも0.6℃の差が生じたという実験報告があります。ゆずの精油成分であるリモネンという血管拡張効果のある成分がお湯に溶け出すことで身体が温まるのです。寒いこの季節だからこそ、熱いお風呂で温まりたいという人が多いようですが、体を芯から温めるという意味では熱いお湯よりもぬるめのお湯(41℃まで)に10〜15分ほど浸かるのが効果的です。ぬるめのお湯にゆっくりつかることで、血管が広がって血液循環が良くなり体の奥の方から温まるだけでなく冷えにくくなり、副交感神経を優位にさせて質の良い睡眠につながるのです。

年末の寒いこの時期、上手な入浴で風邪をひきにくい身体を作りたいものです。

 

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

~鍼灸師会マガジンより~

 

晴鍼灸院/整体院  03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

大雪(タイセツ)

127日 今日は何の日?》

●大雪

閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)

21番目の節気である「大雪(たいせつ)」とは、天地の気が塞がれ、本格的な冬がおとずれる頃。空は重い雲に覆われ、日に日に寒さが増し、動物たちも冬ごもりを始めます。年末に向け、クリスマスやお正月の準備も始まり何かとあわただしい時期でもありますが、体調を崩さず乗り切りたいものです。そんな時に食べたい旬の食べ物といえば、白菜、だいこん、ニラ、長ネギ、春菊、ほうれん草、ブリ、ハマチ、フグ、カニ等々。

もうお鍋しかか思い浮かびませんね。栄養たっぷりの鍋を食べて身体の中から温まりましょう!

 針供養>

128日(地域によっては28日)は「針供養」の日です。

「針供養(はりくよう)」とは、折れたり、錆びたり、曲がったりして使えなくなった針を豆腐やこんにゃくなどに刺して供養する行事です。

神様を迎え人の日常が始まるのが28日の「事始め」で、すべてを終えるのが128日の「事納め」です。起源は定かではありませんが、この日に針の供養を行う習わしは中国から伝わり、平安時代には貴族の間で行われるようになったと考えられています。当時の女性にとって針仕事は重要な仕事でした。これまで硬い生地を刺してきた針に感謝し、最後は柔らかいところで休んでいただきたいという供養の気持ちで豆腐やこんにゃくや餅などに針を刺し、神社に納め、裁縫の上達を願ったと言われています。

この裁縫の「針供養」に因んで、鍼灸の鍼をスポンジに刺して供養する「鍼供養」を行う専門学校や大学もあるようです。現在はあらゆる物がディスポーザブルとなり、鍼灸の「鍼」もほとんどが使い捨てです。「物」を大切にし、敬意や感謝の気持ちを持つ心は古くから続く日本人特有の意識ともいわれています。自分が使用している道具に愛着をもつこと、大事にすることが、技術をも磨くベースとなり得るのかもしれません。

Wikipediaより抜粋し加筆)

 ※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

~鍼灸師会マガジンより~

 

晴鍼灸院/整体院  03-6450-0345 http://harushinkyu.webcrow.jp

<12月の休診日>

15(日)、16(月)、22(日)、23(月)、29(日)、30(月)、31(火)

 

「めまい」まとめ

めまい①「症状」はこちら→めまい①「症状」

めまいは「②「対処法」はこちら→めまい②「対処法」

めまい・失神「血管性迷走神経反射」はこちら→めまい・失神「血管性迷走神経反射」」

首が原因のめまい・吐き気「頚性めまい」はこちら→首が原因のめまい・吐き気「頚性めまい」

めまいのツボ療法はこちら→めまいのツボ療法

メニエール病とストレスはこちら→ストレス②「メニエール病とストレス」

立ちくらみ・めまい「起立性低血圧」はこちら→立ちくらみ、めまい(起立性低血圧)

 

晴鍼灸院/整体院  03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

不眠のツボ療法

 

IMG_20181215_0012

 

<旬の野菜~ゆり根~>

古くから滋養強壮・利尿・咳止めのほかイライラ解消の薬用として珍重されてきました。野菜の中ではカリウムの含有量がトップクラスで高血圧の予防や腎臓に溜まりやすい老廃物の排泄を促す働きもあります。

~「セイリンカレンダーより」~

 

不眠はこちら→「不眠」

イライラはこちら→「ツボを使ったヘルスケア「イライラする」

高血圧はこちら→「高血圧①原因」

腎臓の働きはこちら→「腎臓の働き」

 

晴鍼灸院/整体院  03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com