腸内環境を整える「食物繊維」

現代の日本人は食生活が変化して食物繊維が不足していると言われています。

食物繊維が不足すると腸内環境が悪化し便秘下痢を引き起こし

悪玉菌が増加し

大腸がん糖尿病脂質異常症動脈硬化症肥満胆石症尿管結石などの疾病のリスクが高くなってしまいます。

食物繊維は腸で善玉菌の餌となって善玉菌を増やし免疫力を高めてくれますから、食物繊維の摂取は様々な病気の予防に役立ちます。

 

<食物繊維の働き>

・善玉菌を増やして腸内環境を整える

・腸の動きを活発化し便通を整える

・糖質や脂質などの吸収を抑える

コレステロールや胆汁酸を吸収して体外に排泄する

・腸内細菌によるビタミンの合成に役立つ

 

<食物繊維の摂取>

不溶性食物繊維2:1水溶性食物繊維で摂ることが勧められています。

 

◎不溶性食物繊維(水に溶けずに便のかさを増やし、蠕動運動を活発にします)

・玄米

・レンコン

・ごぼう

・たけのこ

・セロリ

・こんにゃく

・ブロッコリー

・ほうれん草

・さつまいも

・豆類

・きのこ類

 

◎水溶性食物繊維(水に溶けやすくジェル状で吸着性が高いため、コレステロールを吸着して排泄する)

・オクラ

・海藻類

・里芋

・山芋

・玉ねぎ

・らっきょう

・納豆

・バナナ

・りんご

 

※便秘症の人は不溶性食物繊維を摂り過ぎると便のかさが増え硬くなり、便秘が悪化することがありますので、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をバランスよく摂取してください

 

晴鍼灸院/整体院  03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中