秋の元気な過ごし方

暑さもやわらぎ朝晩は涼しく過ごしやすい日も増え、徐々に夏から秋へと季節の変化を感じる時期になりましたね。季節の変わり目ということもあり、体調を崩しやすい時期でもあります。

東洋医学で秋は、夏に旺盛だった「陽気」が衰えていく代わりに「陰気」が増してくる時期だと考えられています。秋になって外の空気が冷たくなってくると、その外気の侵入に対抗する「陽気」が必要になります。しかし、夏にクーラーにかかりすぎたり、冷たい飲み物や食べ物で体を冷やしすぎたりすると「陽気」をたくさんつくることができません。そのため、体が秋の涼しさについていけずに、風邪、喉の痛み、鼻水、だるさ、憂鬱などの不調を引き起こします。

そんな不調のときは、体を温めるようにすることが大切です。消化に良い温かい食べ物をとり、生野菜のサラダやヨーグルトなど胃腸を冷やすものは避けるようにするとよいでしょう。秋に旬をむかえる野菜は根菜や芋類が多く、体を温める作用があります。おいしさも栄養価も増す、旬の秋野菜をたくさんいただきましょう。

また、秋は「燥」の季節となり、「燥邪」の影響を受けやすいと考えられています。乾燥から身を守るように心がけ、加湿器などで部屋が乾燥しないようにする、外出時にはマスクをするなど上手に対処していきましょう。

それから、秋は気温の変化が大きい季節で、朝と昼では全然違う気候になる日や、日によっても寒い日と暑い日が交互に来るようなときもあります。こまめに衣服で調整できるように心がけましょう。エアコンも入るお店によって寒かったり、逆に暑かったり、湿度も高かったり低かったりもするので、羽織れる上着を一枚でも準備されるといいですね。

さらに、上着を羽織ることによって、ある程度皮膚を乾燥によるダメージから防ぐことができるといわれています。ひじや腕の乾燥が気になる方は、長袖の上着を羽織ってみてください。

夏の疲れを回復し、これから来る冬の寒さに備えるために、無理なく体を整えて秋を元気に過ごしましょう。

 

※この内容の意見や見解は、あくまで書き手個人のものであり、

日本鍼灸師会または役員の見解や意見を代表するものはありません。

~鍼灸師会マガジンより~

 

季節の変わり目の体調不良はこちら→「季節の変わり目の体調不良」

東洋医学「秋・肺」はこちら→「秋・肺」

 

晴鍼灸院/整体院  03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中