心地よいということ

823日 今日は何の日?》

●立秋から数えて15日目ごろ。暑さが和らぐという意味。

萩の花が咲き、穀物が実り始める頃。

厳しい暑さの峠を越し、朝夕は涼風が吹き始め、山間部では早朝に白い露が降り始め秋の気配を感じます。この頃は台風のシーズンでもあり、二百十日、二百二十日とともに台風襲来の特異日でもあります。夏バテや食中毒にかかりやすい時期でもありますので、まだまだ注意が必要です。そろそろ夏の家具や雑貨を片づけ、秋の準備を始める目安にしましょう。台風への備えもお忘れなく。(Koyomigyouji.comより抜粋)

「ヒュッゲ」

「人と人とのふれあいから生じる温かく居心地の良い雰囲気」を指すデンマークの言葉。同国は各人が自分のライフスタイルを大切にしているからこそ、国連が定めた「世界幸福デー」(320日)に発表される「世界幸福度報告書」で何度も1位になっています。因みに日本は50位前後をうろうろしています。このヒュッゲという言葉は、名詞としてだけでなく「ヒュッゲする」という動詞としても使われています。家族がいる場所は「ヒュッゲな空間」で、仕事よりも家族を優先しリラックスタイムをもち、プライベートに仕事をもち込まないというのが、デンマーク人のヒュッゲ精神だとされています。

デンマーク人にとって「幸せ」は「お金があること」や「贅沢をする」ことではなく、「少しでも心地よく人が快適でいられる」こと。そこで大切なのは「快適に過ごそう」と前向きな気持ちを持つことだとか。「幸せ」は与えられるものではなく「自らそう感じるよう努力して得るもの」との説があります。1986年「幸せって何だっけ 何だっけ〜 ポン酢醤油が有る家さ〜」というTVCMが流れましたが、「日本的ヒュッゲ」な一つのシーンを中々上手く表している気がします。

「ヒュッゲ」が意味する「人と人とのふれあいから生じる温かく居心地の良い雰囲気」は、鍼灸治療院の目指すものと同じです。令和という新しい時代を迎えて最初の厳しい暑さの夏を越えた今、「処暑」を契機に、「残暑に負けず快適に過ごそう」と前向きな気持ちを持って、夏バテ秋バテを起こさぬよう「ヒュッゲな鍼灸治療」でコンディションを整えましょう。(Glocal Mission Times より抜粋した内容に筆者加筆)

 

 ~鍼灸師会マガジンより~

 

夏の養生はこちら→「夏の養生」

 

晴鍼灸院/整体院  03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中