エコノミークラス症候群(静脈血栓塞栓症)

静脈血栓塞栓症は一般的にはエコノミークラス症候群と呼ばれ、下半身の血流が悪くなることでできた小さな血栓が血流に乗って肺などに血栓が詰まり、呼吸困難や動悸など重篤な症状が現れるものです。

飛行機など長時間のフライト等長時間同じ姿勢でいることが原因です。下半身にむくみが現れたり、ふくらはぎに痛みやしびれが出ることがあります。

 

<被災地での日常とは異なる生活の中で可能なセルフケア>

・水分補給と適度な運動

・弾性ストッキングの着用によって血流をよくする

・ツボによるセルフケア

 

img_20190201_0002-2.jpg

※1つのツボで1分程度、息を吐く時に押し、吸うと時に押す力を弱めると効果が増します。押してイタ気持ちいい程度の強さ。強く押しすぎないようにしてください。

~公益社団法人 日本鍼灸師会より~

 

晴鍼灸院/整体院  03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中