ツボを使ったセルフケア「眠れない」

 

IMG_20190201_0003

 

不眠には首や肩こりが強いものがあり、軽い頭痛も伴うことがありますので、血行を良くしコリを取り除くこともいいでしょう。

急激な環境の変化は、不眠につながりやすいので、精神的な動揺も合わさっている場合は、気を落ち着かせることも大切です。

コーヒーなど飲むと眠れなくなるものもありますので、飲食にも注意が必要です。

また、子供さんの夜驚症や疳の虫にも効果があります。

 

※1つのツボで1分程度、息を吐く時に押し、吸うと時に押す力を弱めると効果が増します。押してイタ気持ちいい程度の強さ。強く押しすぎないようにしてください。

~公益社団法人 日本鍼灸師会より~

 

不眠はこはこちら→「「不眠」まとめ」

 

晴鍼灸院/整体院  03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

「胃痛・胃炎」まとめ

胃炎・胃潰瘍はこちら→「胃炎・胃潰瘍」

胃・十二指腸潰瘍はこちら→「ストレスと胃痛・胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍」

胃もたれと胸やけはこちら→「胃もたれと胸やけ」

胃炎「逆流性食道炎」はこちら→「胃炎「逆流性食道炎」」

胃にやさしい生活と食事はこちら→「胃痛・胃もたれ「胃にやさしい生活と食事」」

胃の消化・食べ物の消化時間はこちら→「胃の消化・食べ物の消化時間」

機能性ディスペプシアはこちら→「機能性ディスペプシア」

 

晴鍼灸院/整体院  03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

ツボを使ったセルフケア「イライラする」

img_20190201_0004.jpg

ストレスは心と身体に深い影響を与えます。心の不安は血圧を上げたり心拍数を増やしたりします。また、末梢の血管も収縮して手足が冷たくなってきます。内臓にも影響を与え消化機能も低下します。

ツボへのセルフケアは滞った気の流れをスムーズにすることを目的とし、肩や背中のコリをほぐし、内臓機能が高まり自律神経を安定させることにも効果があります。

 

※1つのツボで1分程度、息を吐く時に押し、吸うと時に押す力を弱めると効果が増します。押してイタ気持ちいい程度の強さ。強く押しすぎないようにしてください。

~公益社団法人 日本鍼灸師会より~

 

晴鍼灸院/整体院  03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

ツボを使ったセルフケア「足の冷え」

IMG_20190201_0004

一般的に中年女性では更年期障害によるホルモンバランスの乱れで冷え性になる方もおられます。また、貧血や痩せすぎ、栄養不良でも冷えに敏感になることがありますので、しっかりと食事を取り運動をすることも大切です。

他には、神経症や自律神経のバランスの乱れによる冷え性もあり、緊張が続くことによる血行不良は手や足の冷えの原因となります。ストレスを溜めないことも重要です。

 

※1つのツボで1分程度、息を吐く時に押し、吸うと時に押す力を弱めると効果が増します。押してイタ気持ちいい程度の強さ。強く押しすぎないようにしてください。

~公益社団法人 日本鍼灸師会より~

 

晴鍼灸院/整体院  03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

めまいのツボ療法

img_20181215_0003.jpg

<旬の野菜~ヨモギ~>

独特の香りがあり、もぐさ(お灸)の原料としても有名です。

食用だけでなく、生薬として飲む、浸ける、もぐさにするなど、万能薬として珍重されてきました。食用は、若い芽で美味しい時期は3月~6月頃までの春です。

 

首が原因のめまいはこちら→「首が原因のめまい「頚性めまい」」

 

晴鍼灸院/整体院  03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com