ツボを使ったセルフケア「腰痛」

img_20190201_0006-2.jpg

急性腰痛には筋肉や筋膜の損傷によるや腰椎捻挫があります。

また坐骨神経痛を伴うものには椎間板ヘルニアもあります。

慢性腰痛は、長時間同じ姿勢を続けたりして筋肉がこった状態になったものや、精神的ストレス、内臓の異常でもなることがあります。

急性腰痛では患部を強く押したり、温め過ぎたりして悪化することがあります。慢性腰痛では温めて血行を良くすることで警戒することがあります。

※1つのツボで1分程度、息を吐く時に押し、吸うと時に押す力を弱めると効果が増します。押してイタ気持ちいい程度の強さ。強く押しすぎないようにしてください。

~公益社団法人 日本鍼灸師会より~

 

「腰痛」まとめはこちら→「「腰痛」まとめ」

 

晴鍼灸院/整体院  03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中