[気・血・水]「水」とは

「水」(スイ)とは、体内の血液以外の水分、すなわち体液・リンパ液・消化液・涙・汗などのことです。

<「水」の働き>

●「水」の源は飲食物であり、これらが胃や腸に入って水様のものが分離されて作られたものです

●目・鼻・口などの粘膜に潤いを与える

●骨や髄を潤す

 

<「水」の病証>

◎水の不足「陰虚」

●水の生成不足(飲食物の摂取不足、暴飲暴食、辛いもの・熱いものの過度の摂取、脾胃の機能低下)

●消耗と発散の過多(過労・発熱による発汗過多、サウナ・下剤、浣腸)

●排泄過多(大小便の排泄過多、下痢頻尿

●長期の服薬

●加齢、更年期

●夜型の生活

↓↓↓

のぼせ・ほてり寝汗・汗っかき・空咳・口や喉の渇き・ドライアイ・乾燥肌・耳鳴り便秘・生理不順

 

☆陰虚の養生

●潤いを補給する食材を摂る(鶏肉・豚肉・はまぐり・卵・豆腐・トマト・きゅうり・レンコン・メロン・レモン・緑茶)

●冷たいものや香辛料・薬味野菜は控える

●「陰」が強い夜にたくさん眠る(12時には寝る)

 

◎水の代謝と運行の失調「内湿」=「痰湿」=「水滞」

水の代謝と運行には肺・脾・腎・膀胱・三焦などの臓腑が作用しているため、これらの臓腑のどの生理機能が失調しても、水の失調が引き起こされます

暴飲暴食・甘いものや脂っこいものの摂り過ぎ・過度の飲酒・冷たいものの摂り過ぎ・冷房

↓↓↓

水腫(むくみ)動悸・咳・痰・鼻水・下痢・関節の屈伸困難・動悸・倦怠感頭痛・めまい・胃もたれ・湿疹

 

☆内湿の養生

●薄着を避け、身体を冷やさない

●冷たいものを控え、温かいものを食べる

●トイレを我慢しない

●適度な運動で汗を流す

●暴飲暴食をしない(味の濃いものを控える)

 

[気・血・水]はこちら→「気とは」

[気・血・水]はこちら→「血とは」

 

晴鍼灸院/整体院  03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中