[ 気・血・水] 「気」とは?

<気・血・水とは>

東洋医学では、気・血・水(キケツスイ)が過不足なく全身をめぐっていることが、心身の健康を維持できる最良の状態と考えます。

 

<「気」とは>

「気」とは生命活動の原動力のこと、すなわち身体や心のエネルギーです。先天的に持っている「気」と飲食物から後天的に得られる「気」から作られています。

 

<「気」の働き>

●全ての臓腑・器官・組織の新陳代謝などを推し進める働き(推動作用)

●体熱を産生・保持する働き(温煦作用)

●疾病の原因から生体を守る働き(防御作用)

 

<「気」の病証>

◎気の不足「気虚」

●気の生成不足(先天的な気の不足、飲食物の摂取不足)

●気の消耗過多(過労、心身の疲労、睡眠不足、ハードトレーニング、房事(性生活)の不摂生)

●気の機能減退(大病や長期間の病気、加齢)

↓↓↓

元気がない、風邪をひきやすい、疲労感倦怠感自汗(だらだらと出る汗)、食欲不振めまい、精神の萎縮・停滞、冷え性

☆気虚の養生

消化が良く温かいものを食べる(生もの・脂っこいもの・甘いもの✖)、睡眠をしっかりとる

 

◎気の停滞「気滞」

●気の運行が滞っている病態

ストレスが主な原因となる→情緒の乱れ(怒・喜・憂・悲・恐)→自律神経の乱れ

気象(外邪)の影響(特に寒気(寒邪)・湿気(湿邪))

●暴飲暴食、偏食

●打撲・捻挫などの損傷

↓↓↓

寒邪の影響→痛みが発生しやすい

湿邪の影響→しびれや麻痺などの症状が発生しやすい

発汗が抑制されると発熱・むくみ、発汗が過度になると自汗(昼間の汗)・盗汗(寝汗)

胸やお腹の張り喉のつまり感食欲不振吐き気下痢便秘不眠

☆気滞の養生

香味野菜(セロリ・三つ葉・ミント)やハーブティー、柑橘類

(濃い味、辛いもの、イモ類、豆類✖)

 

◎気の上逆「気逆」

●気の昇降が失調し、下降するはずの気が上逆する病態

●精神的なストレス(イライラ)

●暴飲暴食

↓↓↓

咳、痰げっぷ、しゃっくり吐き気、嘔吐のぼせ、ホットフラッシュ片頭痛動悸高血圧

☆気逆の養生

お風呂や腹式呼吸でリラックス、足元を温める、適度な運動をして発散する

 

「気陥」

●気虚のために気の昇挙作用が低下した病態

●慢性の消化器系疾患も原因となる

↓↓↓

胃下垂、腎下垂、脱肛、子宮脱

 

[気・血・水]はこちら→「血とは」

[気・血・水]はこちら→「水とは」

 

 

晴鍼灸院/整体院  03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中