頸部脊柱管狭窄症

首に起こる脊柱管狭窄症を頚部脊柱管狭窄症といいます。

 

<原因>

・先天的に脊柱管が狭い(事故やスポーツなどのむち打ち症が悪化しやすい)

・骨と骨をつないでいる黄色靭帯の変性(加齢により筋肉量が減ると体を支えるために黄色靭帯が肥厚します→脊髄を圧迫→脊柱管狭窄)

・椎間板変性(背骨と背骨の間にある軟骨が潰れてくる)

・長時間の前かがみの姿勢(パソコンや床掃除)→首の後ろの筋肉が伸ばされストレートネックを招き→脊柱管狭窄

 

<症状>

首こり

肩こり

・腕や手のしびれ・脱力感、握力の低下

◎脊髄症状では、両手が使いづらい(お箸・衣類のボタンかけ)、足がもつれる歩行障害、排便・排尿障害

◎自律神経症状では、頭痛・耳鳴り・めまい・吐き気・イライラ・うつ病

脊髄神経の皮膚分節はこちら→「デルマトーム」

 

<対処法>

・軽度のうちに首のストレッチを行う

・背骨は首~腰までS字カーブを描いているため、バランスを整える全身のストレッチやヨガ

・長時間の同じ姿勢を避ける

・鍼灸、整体

・重度の場合は手術

 

首が原因のめまい・吐き気はこちら→「頚性めまい」

腰部脊柱管狭窄症はこちら→「腰部脊柱管狭窄症」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中