のどの痛み「扁桃炎・咽頭炎」

咽頭は上方の鼻腔と下方の咽頭と食道の間に介在する腔所で、消化器系と呼吸器系が交差する共通路をなします。

img001-e1522913359463.jpg

 

図:咽頭、後壁を縦に切開して左右に開いてある

IMG_20190705_0001

白い〇:口蓋扁桃の炎症

 

扁桃には、舌扁桃(舌)・口蓋扁桃(喉の左右)・咽頭扁桃(鼻と喉の間)・耳管扁桃(咽頭と耳管の間)があり、

リンパ節が免疫抗体を作る場所で、呼吸器と消化器の入り口を守る関所をなして、感染防御に役立っています。

↓↓↓

この免疫の関所が破られてしまうと全身に疾患が生じる原因となってしまいます(扁桃病巣疾患)。

 

◎扁桃病巣疾患(皮膚・関節・腎臓に引き起こされる疾患で、感染症ではなく免疫異常)

●腎臓

・IgA腎症・急性腎炎・慢性腎炎など

●皮膚炎

・掌蹠膿疱症・乾癬・アレルギー性血管炎・アトピー性皮膚炎など

●関節炎

・胸肋鎖骨過形成症・リウマチ・筋炎・骨膜炎・アキレス腱炎

●その他

・微熱・ぶどう膜炎・紫斑病・内リンパ水腫・肝炎・虫垂炎など

※慢性扁桃炎や慢性咽頭炎があると、免疫異常を起こし病巣疾患にかかりやすくなってしまいます。また虫歯や歯周病や歯科金属アレルギーが原因で全身に疾患が生じるものは、歯性病巣疾患と呼ばれています。

 

歯周病と糖尿病はこちら→「歯周病と糖尿病」

歯周病と認知症・アルツハイマー病はこちら→「歯周病と認知症・アルツハイマー病」

 

↓↓↓

これらは、免疫力が低下したときに悪化するため、免疫力を低下させないことが重要です。

免疫力を高めるはこちら→「免疫力を高めるには」

免疫力を高める適度な運動はこちら→「免疫力を高める適度な運動」

免疫力を低下させる原因はこちら→「免疫力を低下させる原因は」

 

口・鼻・喉から細菌やウイルスが侵入し、

口・鼻・喉の慢性炎症(口内炎・鼻炎・扁桃炎など)は免疫力を低下させ、病気の元となってしまうため、日頃から手洗い・うがい・鼻うがい・鼻呼吸など心がけましょう。

 

自己免疫力⑥はこちら→「鼻と口と免疫系」

 

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ http://harushinkyu.webcrow.jp

<4月の休診日>

15(日)、16(月)、22(日)、23(月)、29(日)、30(月)

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中