薬の飲み過ぎによる頭痛(薬物乱用頭痛)

慢性頭痛の人が鎮痛薬を飲み過ぎた結果、痛みに敏感になってしまい、かえって頭痛が悪化することがあります。月に10日以上鎮痛薬を飲む人は注意が必要です。

頭痛が頻繁に起こる

不安感、恐怖感

薬を飲む回数が増える

脳の痛みに対する感受性が変化し、痛みに過敏になる

少しの痛みでも感じてしまう

頭痛が複雑化して薬が効きにくくなってくる

薬を飲む回数が増える(悪循環)

鎮痛薬は単一成分のものより複合薬の方が薬物乱用頭痛を引き起こしやすいといわれています。市販の鎮痛薬は複合薬のことが多いため自己判断で市販薬を多量に使用すると薬物乱用頭痛を起こしてしまうことがありますので、なるべく専門医で診てもらうようにましょう。

 

片頭痛はこちら→「片頭痛」

緊張型頭痛はこちら→「緊張型頭痛」

後頭神経痛はこちら→「後頭神経痛」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

 

薬の飲み過ぎによる頭痛(薬物乱用頭痛)」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 緊張型頭痛 | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

  2. ピンバック: 片頭痛 | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

  3. ピンバック: 頭痛のツボ療法 | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中