緊張型頭痛

緊張型頭痛は、首肩や背中の筋肉(僧帽筋・肩甲挙筋・板状筋など)の緊張(コリ)により血流が悪くなり起こる頭痛です。

頭が締め付けられるような重苦しい鈍痛や圧迫感が生じ、数時間~数日持続します。

<緊張型頭痛の原因>

●長時間の同じ姿勢

●姿勢が悪い、無理な姿勢

●うつむき姿勢(パソコンやスマートフォン)

●なで肩

●合わない枕(高すぎる、低すぎる、硬すぎる、柔らかすぎる)

ストレス

<緊張型頭痛の症状>

●頭が締め付けられるような痛み(輪っかをはめられたような、ヘルメットをかぶったような)

●疲れてくると頭痛がする(筋肉疲労や精神疲労)

●朝起きた時に頭痛がする(枕や寝具が合っていない、寝相が悪い)

●動かすと痛みが軽減する

●温めると痛みが軽減する

●軽いめまいを伴う

<緊張型頭痛の対処法>

●同じ姿勢が続くときは1時間ごとにストレッチをしたり体勢を変える

●正しい姿勢をとる(背筋を伸ばして顎を引く、足を組まない)

●湯船につかる

●蒸しタオルで首肩周りを温める

●冷房や薄着で冷やさない

●軽い運動(ウォーキング、水泳)

●ストレスが溜まると体がこわばり、痛みにも敏感になるためストレスを溜めこまないようにする

※緊張型頭痛と片頭痛が合併することもあります

片頭痛はこちら→「片頭痛」

後頭神経痛はこちら→「後頭神経痛」

薬の飲み過ぎによる頭痛はこちら→「薬物乱用頭痛」

肩こりのツボ→「肩こりのツボ療法」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

 

片頭痛

痛みが激しく日常生活に支障をきたす片頭痛ですが、日差しが強くなる季節、まぶしい光が大敵の一つとも言われています。

以前は脳血管性の疾患と見られていましたが、近年、脳幹(視床下部)に片頭痛発生器が存在すると考えられています。顔の感覚を司る三叉神経が大きく関わっていて神経伝達物質のセロトニンの関与も知られています。

視床下部は、自律神経の統合中枢で、体温・血圧調節、睡眠、食欲、性欲、ホルモン分泌など本能行動の中枢でもあります

そのため何らかの要因により視床下部が刺激を受けると

脳の三叉神経の周囲に炎症が起こったり、脳の血管が拡張して痛みが発生します

<片頭痛の原因>

●遺伝的素因

●環境要因

(天候の変化、温度・湿度の変化、まぶしい光、大きな音、臭い、人混み、疲労、肉体的・精神的ストレス、ストレスからの解放)

●睡眠不足

●寝すぎ(副交感神経(リラックス神経)が優位となり血管が拡張して三叉神経を刺激)

●激しい運動

過度の空腹

首こり肩こり

●かがむなどの動作

●女性(女性ホルモンの関与、排卵・月経時期・出産・更年期に起こりやすい)>男性

●アルコール、チョコレート、チーズ、ナッツ

●マグネシウム不足

 

<片頭痛の予兆>

発作の1、2日前~数時間前

●首こり、肩こり

●生あくび

●抑うつ感

●食欲減退・過多

 

<片頭痛の前兆>

発作の前や頭痛の起こり始め

●閃輝暗転(ギザギザ、モザイクなどのチカチカした光が現れ拡大し、視野が悪くなり20~30分間続く)

※閃輝暗点は脳の視覚野がある後頭部の血流悪化により発症します(片頭痛の他に脳卒中や副鼻腔炎(蓄膿症)でも起こることがあります)

●皮膚がチクチクする

●言葉が出にくくなる

 

<片頭痛の症状>

●ズキンズキン拍動性の痛み

●頭の片側、あるいは両側が痛む

●動くと痛みが増す

●光や音に過敏になる

●吐き気・嘔吐

●数時間~3日ほど続く

 

<片頭痛の対処法>

●睡眠・食事など規則正しい生活をする

●自分の発作の誘因を知り、それを避ける

肩こりのストレッチや鍼灸

●気候の変動に留意し対応できる服装をする

●暗くして静かな場所で休む

●外出時はサングラスをする

●タオルで患部を冷やす

血管作動作用のある食品は控えめに

(赤ワイン、コーヒー、ココア、紅茶、緑茶、柑橘類、チーズ、ベーコン、ソーセージ、スナック菓子、うま味調味料、チョコレート、アスパルテーム(甘味料))

●薬物療法

 

後頭神経痛はこちら→「後頭神経痛」

緊張型頭痛はこちら→「緊張型頭痛」

薬の飲み過ぎによる頭痛はこちら→「薬物乱用頭痛」

頭痛のツボはこちら→「頭痛のツボ」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

 

デルマトーム(脊髄神経の皮膚分節)

デルマトームとは、脊髄神経の分布する皮膚領域のことで、触覚や痛覚などの感覚異常(感覚鈍麻・感覚消失・感覚過敏)から脊髄損傷の高さを推測します。

例えば、足のすねがしびれたりだるい場合は、L5(腰椎5番)の脊髄神経損傷の可能性が疑われます。(単に総腓骨神経の絞扼や前脛骨筋の筋肉痛の場合もあります。)

※デルマトームの境は個人差があり明瞭ではないため一つの目安です

 

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

 

東洋医学「秋」「肺」

~「五行色体表」自然界の事象と人体を五つに分類したもの~

 

東洋医学では、立秋(8月7日)からの3ヵ月「秋」となります。

秋は、空気が乾燥してくる季節ですので「肺」のトラブルに注意が必要です。

五行では「金」に属します。

 

<「肺」の働き>

◎肺は気を主り、心をたすけて、臓腑や器官の働きを調節する

肺は呼吸を通じて天の陽気を体内に取り入れ、脾胃の働きによって飲食物から得た地の陰気が合して、気血を全身に行きわたらせる

肺は「気の本」「相傅の官」といわれる

肺の働きが正常でと、呼吸は深くゆったりと正しく行われ、全身の気が充実して、発もつやがあり力強い

◎肺は皮毛を主る

皮膚に潤いを与え養う

◎肺はに開竅し、その液は(鼻水のこと)である

◎肺は宣発(呼)・粛降(吸)を主り、水の上限となる

(宣発:吐き出す、粛降:吸い込む=新鮮な空気を吸い込み二酸化炭素を吐き出す)

※五行では「金」、「金」は清潔・粛降(下降させる)・収斂(縮める)などの作用があり、木・火の高揚し過ぎたエネルギーを刃物で切り落とす・小さく縮める働きがあります

⇒頭の回転が速く行動力がありスパッと決断するタイプ

 

<「肺」の働きが不健全になると>

●呼吸の異常(咳、くしゃみ、痰、喘息、息苦しい)

●発声の異常(か細い、枯れ声)

●皮膚の乾燥、湿疹、浮腫(皮膚を伸縮させる皮膚呼吸がうまくできない)

●鼻が詰まる、乾く、においがわからない、鼻炎、花粉症

下痢便秘

↓↓↓

免疫系が弱くなる=風邪をひきやすくなる

 

<「秋」「肺」の養生>

●しょうが、にんにく、ねぎ、大根、ぎんなん、梨、ぶどう、はちみつなど辛味成分、潤い効果のある食べ物をとり新陳代謝を活発にする

●秋は気分が落ち込みやすい季節で、憂い(心が滅入って病む)や悲しみの気持ちが強くなりすぎると「肺の呼吸作用」の機能が低下し免疫力が下がってしまいます

※「肺」タイプの人は、に体調を壊しやすく、色白(血行不良)で猫背(呼吸が浅い)で、感傷的になりやすく同情心が強いため、憂いや悲しみの気を受け過ぎないようにしましょう。悲しみや落ち込みが強いときは、リズム運動(散歩、ガムを噛む、焚火など)で幸福ホルモン「セロトニン」を活性化させましょう。

 

東洋医学「春」「肝」はこちら→「春」「肝」

東洋医学「夏」「心」はこちら→「夏」「心」

東洋医学「長夏」「脾」はこちら→「長夏」「脾」

東洋医学「秋」「肺」はこちら→「秋」「肺」

東洋医学「冬」「腎」はこちら→「冬」「腎」

 

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com