夏バテとクーラー病

夏バテやクーラー病はいずれの場合も「冷」を求めることから発症します。

<原因>

●暑さによる疲労

睡眠の質の低下

●水分の取り方による胃腸の冷え

胃腸の消化能力は飲食物が冷えていると極端に低下します。

胃は内容物が38℃前後(ヒトの体温と同じくらい)にならないと消化吸収できません。

ですから、その内容物を胃の周囲で熱を出して、冷たい内容物を一度38℃くらいに胃の中で温めなければなりません。

胃の働きが低下して食欲不振疲れ下痢などが起こります。

この季節はなるべく温かいものを意識的に摂ることが夏バテ防止につながるのです。

●屋外と室内の温度差

(ヒトが急な温度差に対応できるのは5℃以内)

・極端な暑さ、寒さを繰り返すことにより体温調節をおこなっている自律神経が乱れ自律神経失調症となり、

肩こり腰痛胃腸不良などに悩まされます。

<対策>

冷房の入った室内に長くいる時は

・カーディガン・ストールなど羽織物を着用する

・マスク

・膝かけ

・レッグウォーマー

●食べ物

・冷たいものばかり摂り過ぎない

・朝食をとる(朝食を抜くと低体温になる)

●お風呂

●湯船につかる(38~40℃)

●ツボ押し→「夏バテ・冷え性のツボ」

※冷房は28℃くらいの設定が身体に無理な負担がかからないといわれていますので見直してみましょう。

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

 

夏バテとクーラー病」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 汗をかかない人 | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中