加齢と肥満

基礎代謝は10代をピークに加齢とともに低下します

運動量が少ない場合は、筋肉量骨量が減少し基礎代謝がより低下してしまいます

脂肪が蓄積され太りやすく痩せにくい身体になります

<肥満の予防>

●食物繊維を多めにとりバランスよく食事をする(炭水化物の重ね食べ(ラーメンライスやハンバーガー&ポテト)をしない

●夕食は夜10時までにとる、10時を過ぎる場合は量を少なめにする

(22時以降は身体が脂肪を溜めやすくなってしまう)

●お酒を飲みすぎない

大量の飲酒では、アルコール分解が優先され、他の代謝作用の働きが低下し脂肪蓄積・筋力低下を招きます

・アルコールには殺菌作用があるため腸内の善玉菌も減ってしまい腸内環境が悪化してしまいます

ストレスを発散する

女性のほうがストレス太りしやすい(閉経により脂肪を蓄積させやすくなる)

男性はストレスを受けると男性ホルモンが減少し筋肉量が減り基礎代謝量が低下し脂肪が蓄積される

●規則正しい生活をして身体のリズムを整える

過労や睡眠不足では自律神経ホルモンバランスが乱れ免疫力が低下し、代謝がおちてしまいます。朝日を浴びて日内リズムを整えることが大切です。

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

加齢と肥満」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 胃腸炎のツボ療法 | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中