科学も認めるはりの力「鍼刺激による血液循環作用の反射性メカニズム」

<反射のメカニズム>

鍼刺激により皮膚を刺激

その部位を支配する神経が興奮

その情報は脳や脊髄へと伝えられ、心臓や血管を支配する自律神経の活動に影響を与えます

これが反射の基本的な流れ(反射回路)になります

反射回路には脊髄を中枢とする「脊髄反射」と脳を中枢とする「上脊髄反射」、脳も脊髄も介さずに末梢で起こる「軸索反射」が存在します

<鍼刺激による「脊髄反射」と血液循環改善>

子宮の血流は、会陰部や足への鍼刺激で増加します

この反応は脊髄で統合される「脊髄反射」であり脳を必要としません

子宮の血管には副交感神経の血管拡張神経の支配があり、この血管拡張神経は脊髄の一番下の部分(仙髄)から伸びています

会陰部や足からの「体性感覚神経」も脊髄の同じ部分に入るため、二つの神経が脊髄内で連絡して「脊髄反射」が起こると考えられています

このように体性ー自律神経反射では脊髄の同じ部分で連絡する「体性感覚神経」と「自律神経」が脊髄反射回路でつながって生じる場合が多いです

<鍼刺激による「上脊髄反射」と血液循環改善」>

四肢遠位部(手や足)への鍼刺激は、体幹や四肢近位部の刺激に比べて、血圧上昇や心拍数増加を誘発しやすい傾向にあります

この反応は脳幹(延髄の循環中枢)で統合される「上脊髄反射」ですが、この反射によって上昇した血圧が血流を増加させることにつながります

血圧に依存して血流が変化する骨格筋など多くの器官では、血圧増加に伴い血流が増加します

ただしこの場合の筋血流増加は、血圧上昇による二次的な反応です

<鍼刺激による「軸索反射」と血液循環改善」>

刺激部位の近くにある皮膚や筋など末梢神経では「軸索反射」によって血流が増加します

この反射は、体性感覚神経の末梢側の軸索末端から血管拡張物質が放出されることで生じるため、脊髄を必要としません

「軸索反射」は刺激部位と反応部位が末梢神経の分枝で直接連絡している場合に起こるのです

例えば、腰神経叢で連絡している伏在神経と坐骨神経ですが、伏在神経への鍼刺激が坐骨神経血流を増加させることも、この「軸索反射」によるものと考えられます

<脳疾患予防の可能性>

大脳皮質の血流は、四肢や顔面への鍼刺激によって増加します

この反応は、血圧の上昇に伴って見られることもありますが、血圧依存性の反応ではなく、積極的な脳血管の拡張によって誘発されるものです

大脳皮質や海馬には、アセチルコリンを使って情報を伝達する神経(コリン作動性神経)が豊富に分布しており、このアセチルコリンには脳血管を拡張させる働きがあります

そして鍼による刺激には、コリン作動性神経を活性化してアセチルコリンを増やし、脳血管を拡張させる作用があると分かっています

アルツハイマー病で著しく変性するコリン作動性神経には神経成長因子の分泌を高める働きや、虚血性障害から神経細胞を守る働きもあることから鍼刺激でコリン作動性神経を活性化することは、脳血管障害の予防やアルツハイマー病予防につながる可能性があると考えられます

~日本鍼灸師会より~

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中