お尻の骨(尾てい骨)が痛い「尾骨痛」

img262

img263

尾てい骨(尾骨)は、脊柱の最下部にある尾椎が3~5つ癒合したとがった形をしています。肛門の上に位置し、しっぽの一部が退化したものといわれています。姿勢を正しく安定させる役割があります。

<尾骨痛の症状>

・座っている時に痛む

・歩いている時に痛む

・仰向けに寝ていると痛む

<尾骨痛の原因>

・外傷(尻もちをついた、打撲、骨折)

・イスに浅く腰かけ背もたれに寄りかかっている

・柔らかいソファーに座っている

・体育座りをしている

腰椎椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症

・妊娠、出産(骨盤・尾骨が開く)

・痩せすぎ(脂肪と筋肉が少ないため尾骨が当たる)

↓↓↓

筋力が低下し、骨盤がゆがみ、尾骨筋が硬くなったり炎症を起こし、尾てい骨の痛みとなる

<尾骨痛の対処法>

・骨盤のゆがみを治す

・尾骨筋の鍼灸

・背筋を伸ばして骨盤を立てて座る

・立っている時に片側に体重をかけない

・お尻の筋肉を鍛える

img148

腰の真ん中が痛いはこちら→「多裂筋のトリガーポイント」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

腰痛「腰椎の後弯」

脊柱の生理的弯曲(頚椎:前弯、胸椎:後弯、腰椎:前弯)

img263

腰椎は本来前弯(少し凹)しているものですが、反対に後弯してしまう(腰が丸まる)ことがあります。腰椎後弯は、40代以降、加齢により椎間板(背骨の軟骨)が薄く硬くなったりつぶれたりして、背骨が変形して起こります。また骨粗鬆症による圧迫骨折が原因にもなります。

 

<腰椎後弯の原因>

・前かがみの姿勢が多い

・座っているときに腰を丸めている

閉経後の骨粗鬆症

・加齢による骨密度の低下・筋力低下

 

<腰椎後弯の症状>

・腰部の痛み

・腰から足の痛み

腰椎椎間板ヘルニア

(約7割の人は免疫細胞が炎症に反応してヘルニアが消失(靭帯を破って神経を圧迫しているタイプ)、靭帯を破らずに神経を圧迫しているタイプはヘルニアが消失しにくい)

脊柱管狭窄症

逆流性食道炎(胃腸が圧迫されるため)

 

<腰椎後弯の対処法>

骨盤が後傾しているため

・ももの裏(ハムストリングス)のストレッチ

・腰を反らすストレッチ(うつぶせになり両手を付き上体を少しずつ起こす)

 

腰椎の過前弯はこちら→「反り腰」

腰椎の前弯減少はこちら→「平背」

腰痛①はこちら→「腰痛の原因」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

背部痛・腰痛「平背(フラットバック)」

脊柱の生理的弯曲(頚椎:前弯、胸椎:後湾、腰椎:前弯)

img263

平背(へいはい)は、背中から腰にかけての生理的弯曲(胸椎後弯・腰椎前弯)がなく、背骨が真っ直ぐになり過ぎている状態です。背部痛腰痛の原因の一つです。

仰向けに寝た状態で、床と腰の隙間に手の平が入らないと平背の可能性があります。

<平背の原因>

・長時間のデスクワーク(特に、イスに浅く腰かけ背もたれに寄りかかり、ふんぞり返って座った姿勢)

・あぐらをかく

●平背は骨盤が後傾しているため背骨や肋骨の動きが悪く

息切れ、息苦しい→呼吸が浅いため自律神経失調症になってしまう

背部痛

腰痛

首肩こり

・お尻が垂れる

胃腸障害

<平背の対処法>

脊柱起立筋を鍛える(うつ伏せで頭の後ろに手を添える→首・胸・足をゆっくり同時に上げる→胸が床から離れる程度まで上げたらゆっくりと戻す→床に完全に着かずに繰り返し)

腸腰筋を鍛える(仰向けで膝を立て→つま先をそろえたまま膝をお腹に引き寄せる(お尻が少し浮くくらいまで)→ゆっくり戻す→足を床に着けずに繰り返す)

大腿四頭筋を鍛える

・ハムストリングス(ももの裏)のストレッチ

・大殿筋(お尻)のストレッチ

反り腰はこちら→「反り腰」

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

腰痛「反り腰(腰椎の前弯増強)」

脊柱の生理的弯曲(頚椎:前弯、胸椎:後弯、腰椎:前弯)

img263

腰椎は本来前弯(少し反って凹)しているものです。

反り腰は、腰が反り過ぎてぽっこりお腹・出っ尻になってしまった状態です。腰痛の原因の一つです。

(仰向けに寝た状態で、床と腰の隙間に手の平がスッと入るようだと反り腰の可能性があります)

●反り腰では骨盤が前傾し、股関節が屈曲してしまうため

・ぽっこりお腹

・出っ尻、大きいお尻

・下半身太り

冷え性

むくみ

●腹圧がかかる、内臓下垂により

・頻尿、尿漏れ

生理痛

便秘

<反り腰の原因>

・長時間のデスクワーク

・ハイヒールを履く

・運動不足による腹筋・背筋のアンバランス

・うつぶせでの本読みやスマホ

・妊娠、産後

<反り腰の対処法>

・腹筋を意識する→立っている時や座っているときにお腹をへこませる

・大殿筋(お尻の筋肉)を鍛える→立っている時や座っているときにお尻をキュッとしめる

・ハムストリングス(ももの裏)を鍛える

・脊柱起立筋のストレッチ

・腸腰筋のストレッチ

・大腿直筋(ももの前)のストレッチ

・アキレス腱のストレッチ

平背はこちら→「平背」

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

 

風邪のツボ療法

img250

<今月の野菜/キャベツ>

ビタミンC・Kが豊富で、キャベツから発見されたビタミンU(キャベジン)は胃の粘膜を再生・強化してくれます

~「セイリンカレンダー」より~

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com