自律神経を整える=脳幹を鍛える

脳幹とは脳と脊髄の連絡口で間脳(視床・視床下部)、中脳、橋、延髄から成ります(広義では間脳も含む)。

脳幹の位置は脳の最下層部で、延髄は第一頚椎・第二頚椎の後ろにあります。

脳幹は、「脳からの指示」や「脳への情報」の中継地点で、生命活動維持のための司令塔です。動物脳・原始脳と呼ばれます。

img248

<脳幹の働き>

●視床

嗅覚を除く感覚・意識・運動の中枢

●視床下部

自律神経の総合中枢で内臓・血圧・体温・ホルモンの調整、摂食行動・飲水行動・性行動などの本能行動の中枢でもあります

●中脳

姿勢反射・目の運動反射

●橋

排尿の中枢・小脳との連絡路

延髄にある反射中枢の多くは橋の中にまで伸びてきています

●延髄

生命維持に重要な中枢(呼吸・循環・消化・嘔吐・嚥下の調整)

<脳幹の炎症と病気>

●脳の疲労は脳に炎症を起こします

・慢性疲労症候群は脳幹に炎症が起こっているとも言われています

●むち打ちや首を鳴らすくせのある人は、第一・第二頚椎がずれて脳幹に影響を及ぼし、自律神経失調症を起こすことがあります

<脳幹を鍛える>

◎司令塔である脳幹を鍛えることで自律神経が整い、免疫力が上がると言われています

●自然を感じたり、外遊びをすることで五感(視覚・聴覚・味覚・触覚・嗅覚)を刺激する

日光・雨・風・水・土・草木などを体感し自然と調和する

感性が高まる

脳幹が活性化される

●マリンスポーツで脳幹を鍛える

水泳

サーフィン

ダイビング

ヨット

※マリンスポーツは脳幹をきたえることにもつながると言われています

●鍼灸

(鍼灸には自律神経を調整する効果があります)→科学も認めるはりの力「鍼治療の自律神経調節・抗ストレス作用、鎮痛作用」

 

自律神経①はこちら→「自律神経失調症」

自律神経の特徴はこちら→「自律神経の特徴」

晴鍼灸院/整体院 03-6450-0345

ホームページ  https://harushinkyu.com

 

 

 

喉のツボ「天突」テントツ

天突は喉が痛い時によく使うツボです。咳を止め喘息を鎮めると言われています。

img222

<今月の食材―きんかん・みかん>

冬で風邪をひかれ喉が痛いという方も多いこの季節、喉の痛みには柑橘系に含まれるヘスぺリジン、リモネンという栄養素が効果的で炎症を抑えてくれます。

また、きんかんやみかんに豊富に含まれるビタミンCは免疫免疫機能を高める効果があり、風邪予防に最適な食べ物です。

~「セイリンカレンダー」より~

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com