自律神経の特徴

自律神経は、生体の恒常性の維持に重要な役割を果たし、交感神経と副交感神経の2つにより構成されます。

自律神経は、脊髄脳幹から出ますが、さらに高位の大脳皮質大脳辺縁系視床下部によって統合的に調節されます。

img249

 

大脳皮質(大脳の表面で知覚・運動・視覚・聴覚・言語・思考・記憶など脳の高次機能を司る(人間脳とも呼ばれます))

大脳辺縁系(大脳の奥深くに位置し、人間の本能・情動・記憶に関与する(動物脳とも呼ばれます))

視床下部自律神経の中枢といわれ、体温・血糖・水分調節に重要で、脳幹(中脳・橋・延髄)、自律神経、内分泌機能(ホルモン)を調節する

※自律神経の中枢ですが大脳皮質・大脳辺縁系から影響を受けています

交感神経:胸髄と腰髄から出る

副交感神経:脳幹と仙髄から出る

img245

img247

<ストレスと自律神経>

ストレスとは何らかの刺激によって起こる体や心の変化のことをいいます。

肉体的ストレス(過労・病気・けが・激しい運動・月経・妊娠)

精神的ストレス(仕事・学校・家庭・人間関係)

環境の変化(引越・転職・退職・昇進・結婚・離婚)

気候の変化気候の変化(暑さ・寒さ・湿気・乾燥)

食生活の乱れ(食べ過ぎ・飲み過ぎ・たばこ・食品添加物)

↓↓↓

これらのストレスが過剰にかかると脳・自律神経に影響を及ぼし、生体の恒常性の維持が難しくなり様々な不調となって現れます。

例:苦手な人とばったり遭遇したとします

①大脳皮質の視覚や聴覚が察します

②大脳辺縁系で本能的に緊張・不安を感じ取ります

③その情報が視床下部に伝えられ、自律神経の交感神経が興奮し、心臓がドキドキして筋肉がこわばります

この場合一時の症状ですみますが、このストレス状態が長く続くことで、体の緊張(コリ)だけでなく、徐々に自律神経支配である内臓にも影響を及ぼし、胃炎腸炎を起こすようになってしまいます。

自律神経の乱れ①はこちら→「自律神経失調症」

自律神経と脳幹はこちら→「自律神経を整える=脳幹を鍛える」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com