首・肩・肩甲骨の内側が痛い、腕がしびれる「斜角筋症候群」

斜角筋症候群とは、前斜角筋中斜角筋の筋緊張によって、前・中斜角筋の間を通っている腕神経叢鎖骨下動脈が圧迫、また前斜角筋の前を通る鎖骨下静脈が圧迫されて種々の症状を起こします。

img241

<斜角筋症候群の症状>

・首、肩、肩甲骨の内側、腕のこり・痛み

・腕のしびれ、だるさ、脱力感

・手の握力低下(小指球筋(手の平の小指側のふくらみ)が痩せる)

・鎖骨下動脈が圧迫されると腕の血行不良により腕が白っぽくなる

・鎖骨下静脈が圧迫されると静脈血の戻りが悪くなるため腕や手が青紫色になる

・手の熱感、冷感

・息苦しくなる

<斜角筋症候群の原因>

・重い物を持つ人

・腕を上げる動作の多い人

・なで肩の人

・いかり肩の人

・慢性的な首こり肩こりの人

・頚肋症候群(先天的に頚肋骨という骨が残存している人)

<斜角筋症候群の対処法>

・斜角筋のストレッチ(首を横に倒す・斜め上を向く)

・なで肩・いかり肩を緩和するため僧帽筋を柔軟にする(肩幅に足を広げて立ち肩をすくめたり下ろしたりをゆっくりと行う)

・鍼灸

・マッサージ

・温める

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

 

 

首・肩・肩甲骨の内側が痛い、腕がしびれる「斜角筋症候群」」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 肩甲骨が浮く「翼状肩甲」 | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

コメントは受け付けていません。