免疫力を上げる・コラーゲンを増やす「ヒートショックプロテイン」

<ヒートショックプロテイン(HSP)>

傷ついた細胞を修復するタンパク質のことです

<ヒートショックプロテインの効果>

●免疫細胞であるナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化

がん細胞・ウイルス・細菌を退治

病気が発症するのを予防する

●コラーゲン(たんぱく質)が増加

(コラーゲンは皮膚・靭帯・腱・骨に多く含まれ、体重の20%がたんぱく質、そのうちの30%がコラーゲン(体重50kgの人で3kg、60kgの人で3.6kg))

・傷の修復を早める(皮膚炎・靭帯損傷・腱鞘炎・アキレス腱炎変形性関節症など)

・肌を修復しシミ・シワを予防する美肌効果

<ヒートショックプロテインを増やすには>体に熱によるストレスが加わることで増加

・入浴

①入浴前に水分補給(コップ1杯)

②40~42度のお風呂に10~20分入る(平熱から+1・5度を目安に)

③入浴後はバスタオルで全身をくるみ熱を逃さないよう10分安静にする、水分補給コップ1杯

④自然と体温を戻す

※入浴2日後にHSP量が最大となるため、週2日を目安におこなう(熱刺激に慣れてしまうと効果が出にくくなるため他の日は37~39度で入浴やシャワー)

※持病がある方・高齢の方・体調が悪い時は行わないでください
・運動

・加圧

・低酸素

・緊張
晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

 

免疫力を上げる・コラーゲンを増やす「ヒートショックプロテイン」」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: アキレス腱断裂 | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

  2. ピンバック: 「免疫」まとめ | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

コメントは受け付けていません。