血液⑧「多血症(赤血球増加症)」

多血症(赤血球増加症)とは血中ヘモグロビン量と赤血球数が基準値を超えて増加することです。

<真性多血症>

赤血球だけでなく白血球や血小板も増加する、脾臓が腫れることが多い

脾臓が腫れると腹部の圧迫・膨満を感じる

<二次性多血症>

・肺疾患、心臓疾患、高地居住者など慢性的に酸素が不足すると、それを補うために赤血球が異常に作られてしまう

・腫瘍によりエリスロポエチン(赤血球の産生を促進するホルモン)が分泌される

<相対的多血症>

実際は赤血球が増えてはいないが、下痢や嘔吐、多量の発汗、火傷による脱水、水分摂取量不足などにより血漿量が減少することにより、相対的に赤血球が多くなることが原因で起こる

<ストレス多血症>

ストレスにより引き起こされ、高血圧・高尿酸血症・肥満・喫煙者に多くみられると言われています

<先天的赤血球増加症>

遺伝により出生時に症状がみられます

<多血症(赤血球増加症)の症状>

・頭痛

・赤ら顔

・目の結膜の充血

・のぼせ、ほてり

耳鳴り

めまい

高血圧

・皮膚のかゆみ

・鼻血、内出血、胃潰瘍など出血傾向が高まる

※血液の粘度が高まる(血液ドロドロ)ため動脈硬化や血栓などを起こしやすくなり、脳梗塞・心筋梗塞のリスクが高くなります

⇓⇓⇓

普段から脱水にならないよう水分摂取を心がけましょう!

 

血液①はこちら→「血液ドロドロとは?」

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com