扁平足② 足の裏が痛い、足の甲が痛い「開張足」~横アーチの低下による中足骨痛~

img230

足の横アーチの形成

img230

中足骨は上図の中で一番長い骨で5本の指全てにあり第1中足骨(親指)~第5中足骨(小指)まであります。

足の前方では中足骨頭が体重を支持しています。中足骨は全てに均等に負荷がかかっているわけではなく、第1・第5中足骨頭にかかっており、中間部の中足骨頭の負担は少ないです。

img231

横アーチの扁平化による中足骨痛(前足部の横アーチが消失し扁平化することによって第2~第4中足骨頭が圧迫を受けるようになり指のつけ根に疼痛を起こす)⇒幅広の足

<横アーチの低下(「開張足」の原因>

・先天性

・長期間の立ち仕事

・運動不足による筋力低下

・急激な運動による足への負荷

・ペタペタ歩く

・合わない靴

・体重の増加

img234

開張足による中足骨痛

<開張足の症状>

長期間の体重負荷による足の過労によって横アーチを維持する靭帯の弱化をきたす

第2~第4中足骨頭への圧迫(体重負荷)が強まり、足の裏の疼痛・圧痛があらわれる

またのちには指のつけ根にマメができる

・足底筋膜炎

・外反母趾

・内反小趾

・神経が圧迫されるとモルトン病

<開張足の治療>

・つま先の狭い靴や幅の広すぎる靴はさける

・正しく歩く(あおり足歩行)

・グチョキパーのグー運動をする

・タオルギャザー(床にタオルを広げ足指でたぐり寄せる)

・鍼灸

・マッサージ

扁平足①はこちら→「縦アーチの低下」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

扁平足② 足の裏が痛い、足の甲が痛い「開張足」~横アーチの低下による中足骨痛~」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 扁平足① 足の裏が痛い「縦アーチの低下(扁平足)による足底痛」 | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

コメントは受け付けていません。