更年期⑨「早発閉経(早期閉経)・遅発閉経」

閉経は卵巣内に卵子がなくなると起こる生理現象で、日本人女性の平均閉経年齢は50才前後といわれています。排卵する卵子の量が多い人や卵子の老化が早いと閉経も早まります。

 

<40歳くらいで閉経する早発閉経>

●月経周期が早い方

排卵回数が多くなるため

●月経不順の方

卵巣の機能が弱くなっている

●不妊治療経験のある方

排卵誘発剤を使用するため卵胞排出数が多くなる

●子宮内膜症、チョコレート嚢胞(卵巣の内部に発生する子宮内膜症)の手術をした方

手術の際に正常な卵胞細胞も傷つけてしまう

●抗がん剤治療、放射線治療を受けた方

がん細胞だけでなく正常な細胞も傷つけてしまう

●血行不良が卵子や卵巣の老化を早める

喫煙、ストレス、偏った食事、無理なダイエット

●自己免疫疾患

甲状腺疾患、アジソン病(副腎皮質機能低下症)、重症筋無力症、リウマチ

●染色体異常

遺伝性

 

<60歳くらいで閉経する遅発閉経>

●子宮筋腫

子宮筋腫が原因で経血量が多い人は卵巣から出る女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が多い

●出産回数が多い方

妊娠~分娩~授乳の間排卵しないため

●50歳代後半で月経がある場合は乳がん、子宮体がん、卵巣がんのリスクが高まるといわれています(脂肪細胞からも女性ホルモンが分泌されるため、肥満はがんのリスクを高めてしまいます)

※2ヶ月以上生理が来なかったり経血異常がある場合は、専門医を受診し生活を見直しましょう

 

更年期⑩はこちら→「更年期のかんかく感覚異常」

更年期①はこちら→「更年期障害の出現順序」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com