痛みの種類

痛みは3種類に分けられます

<侵害性疼痛>(大多数がこの痛みです)

・切り傷

・打撲

・骨折

・やけど

・筋肉痛(寝違いぎっくり腰

五十肩

腱鞘炎

関節痛

・腹痛

・手術後の痛み

・癌による痛み

↓↓↓

ズキズキする、鋭い痛み、うずくような痛みで、体の組織の損傷によって起こる痛みです

<神経障害性疼痛>

・神経の損傷(糖尿病三叉神経痛坐骨神経痛帯状疱疹後神経痛脳卒中後疼痛、幻肢痛)

手根幹症候群

・椎間板の損傷

・腫瘍

↓↓↓

ピリピリ・チクチク・しびれる・電気が走るような痛みで、神経・脊髄・脳の損傷によって起こる痛みです

<心因性疼痛>

心理的な要因に関連して起こる痛みです

↓↓↓

身体に異常が見当たらず、持続的な痛みがあり、身体的な要因と心理的な要因の相互作用から起こります

※慢性的な痛みは、心理的要因によって痛みに対して恐怖や不安が生じ、痛みが増強されることがあります(慢性疼痛症候群)

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

月経前症候群(PMS)

排卵から月経開始までは、排泄機能が低下し体内に余分な水分が貯留されます

(マグネシウムを排出してむくみやすい状態になります)

手足のむくみ=「手足がむくみだる重い、指輪がきつい、靴がきつい」

乳房のむくみ=「乳房の張り・痛み」

筋肉・関節のむくみ=「肩こり、腰痛、関節痛」

頭蓋骨の水分貯留=「頭痛」

脳細胞の水分貯留=「精神症状(怒りっぽくなる・うつ・感情の起伏が激しい・不眠)」

内耳の水分貯留=「めまい」

歯肉の水分貯留=「歯が浮く、歯肉炎」

眼球の水分貯留=「目の痛み、コンタクトレンズが合わない」

↓↓↓

体重が1~3kg増加し月経開始後に元に戻ります

※ストレス・過労・食生活などにより症状は引き起こされ、複合的な要因がPMSと関わっています

PMSはこちら→「PMS」「生理痛の頭痛」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

免疫力「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させるには」

体内ではがん細胞が毎日発生しています。

このがん細胞や細菌・ウイルスを攻撃し排除してくれているのがナチュラルキラー細胞(NK細胞)です。

子供や高齢者でもNK細胞の数はほとんど変わりませんが、

働きは20歳をピークに、50代ではピーク時の半分になってしまいます。

高齢者にがんが多いのはNK細胞の活性が低下してしまうことが原因の一つです。

 

<NK細胞を活性化させるには?>

・笑う→前頭葉が興奮→免疫の司令塔(自律神経の中枢)である間脳が活性→NK細胞が活性化

・質の良い睡眠をとる(6時間以上は眠る)

・体温を上げる(シャワーではなくお風呂に入る)

・発酵食品、食物繊維をとり腸内の善玉菌を増やす

・適度な有酸素運動(ウオーキング、スロージョギング20~30分)

・大声で歌う

※なによりストレスを溜めないことが大事です(気遣いをし過ぎない、楽観的に考えることも時には必要)

 

<NK細胞の働きが下がる原因>

・喫煙

・大酒

・偏食

・過労

・ストレス

・加齢

・運動不足、激しい運動

・昼夜逆転の生活

・ネガティブ思考

 

自己免疫力①はこちら→「加齢と免疫力低下」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com