頚性神経筋症候群(首こり病)

頚性筋神経症候群とは、首の筋肉の異常により頭痛めまい自律神経失調症が起こる疾患です。

頸椎の副交感神経(頭蓋骨と頸椎の間に集中している)の働きが鈍くなり様々な症状を引き起こします。

(副交感神経は脳幹と仙髄から出る、交感神経は胸髄と腰髄から出る)

<原因>

・長時間のうつ向きや上向き姿勢、無理な姿勢による筋疲労

・むち打ち・頭部外傷・事故・スポーツ障害による頸部挫傷

・変形性頸椎症

・ストレートネックや首の過前弯

・ストレス

・慢性疲労

・体のゆがみ(側弯症、猫背、骨盤のゆがみなど)

・加齢、更年期障害

↓↓↓

症状が悪化するとうつ病にもなってしまいます「頚筋性うつ」

<日常生活で見られる兆候>

・まぶたがピクピクする

・首や肩を回すとゴリゴリと音がする

・左右の目の高さ・肩の位置がずれている

・顎関節がガクガクと音がする

<対処法>

・首を冷やさない

・同じ姿勢が長時間続く時は30分ごとに首のストレッチ

・鍼灸、マッサージ

首こり・肩こり・頭痛のトリガーポイントはこちら→「首こり・肩こり・頭痛トリガーポイント」

筋筋膜性疼痛症候群とトリガーポイント→「筋筋膜性疼痛とトリガーポイント」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

 

首肩こりのツボ「手三里」「曲池」

手三里曲池のツボは、大腸経の使用範囲の広い万能ツボです。

<手三里の効能>

首肩こり肩甲骨周囲の痛み寝違え

四十肩、五十肩

肘痛(テニス肘・ゴルフ肘など)

・化膿性疾患(顔面の腫れ(ニキビ・吹き出物))

・扁桃炎

胃痛、腹痛

・歯痛

・半身不随

頭痛

脳貧血

など

<曲池の効能>

首肩こり肩甲骨周囲の痛み寝違え

四十肩、五十肩

肘痛(テニス肘・ゴルフ肘など)

・皮膚病

眼精疲労

・結膜炎

・ものもらい

・老眼予防

・半身不随

・扁桃炎

など

<ツボの取り方>

曲池:肘を曲げてできる横紋の外端

手三里:曲池の下2寸(指3本分)

img210

ホームページ  https://harushinkyu.com

慢性疾患のツボ「足三里」

<足三里>

胃経のツボで体全体の治癒力を高める万能ツボ

(昔の人は、旅の道中の身体の疲れを癒したり、食あたりの予防としてお灸を据える習わしがありました)

 

●効能

・諸種の慢性疾患

胃腸の働きを調整

自律神経失調症

・中風(脳血管障害(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血))

・半身不随

膝の痛み

など

●ツボの取り方

立て膝になり、膝の外側、お皿の下から指4本分下がった一番くぼんでいる所、向こうずねの外側(犢鼻(お皿の下外側のくぼみ)から指4本分下)

img209

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

家族性高コレステロール血症

二親等以内に若年性冠動脈疾患(心筋梗塞・狭心症)の家族歴がある場合、遺伝性が強く生活習慣と関係のない家族性の高コレステロール血症が疑われます。血液中の悪玉コレステロール(LDL)を細胞の中に取り込む受容体が生まれつき少ないため、血液中の悪玉コレステロール値が高くなります。

LDLコレステロール値が180mg/dl以上(健常人は140mg/dl以下)。

血液中の悪玉コレステロールが高いと

血管の内側に脂質が溜まって動脈硬化が進み

心筋梗塞や狭心症などのリスクが高まるとされています

<症状>

●皮膚や腱にコレステロールが沈着し黄色腫を呈する

・黄色腫は、まぶた・肘関節(伸側)・膝関節の伸側(前側)・手首・指の間・お尻など機械的刺激が加わる部位に発生

アキレス腱肥厚(アキレス腱の厚みが9mm以上)

●早発性冠動脈硬化症→心筋梗塞・狭心症(男性30代~、女性40代~増加)(腹部大動脈瘤を合併することも多い)

●角膜輪(黒目のふちに白い線)

<治療法>

●食事療法(低コレステロール・低脂肪の食品、食物繊維、抗酸化食品を摂る)

●運動療法(ウオーキング・水泳)

●薬物療法

●血液浄化療法(LDLアフェレシス療法)(専用の機械で体から血液を取り出しLDLコレステロールを取り除き、血液を体内に戻す)

コレステロールが高いはこちら→「脂質異常症(高脂血)」

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

からだの疲れのツボ療法

肉体的な疲れは集中力や気力を奪い、精神的な疲労感にもつながりやすいものです。

日常の生活で溜まってしまった疲れにはツボ療法が効果的です。

●疲労に対する基本のツボ

中脘:みぞおちとへそを結んだ線の中央

気海:へその真下指2本分の所

陽池:手首甲側の中央

三焦兪:第一腰椎棘突起下から左右外側に指2本分の所

●補助的なツボ

湧泉:足の裏で、足指を曲げると最もくびむ所

労宮:手のひらのほぼ中央でこぶしを握ると中指と薬指が手のひらに当たる所の中間

img201

ツボ療法に頼るだけではなく、まず生活のリズムを整えることも大切です。十分な睡眠と心安らぐ休憩を心掛けましょう。

~「セイリンカレンダー」より~

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com