不眠③「不眠症と金縛り」

不眠症は、

●なかなか寝つけない入眠障害

●浅い眠りが続く熟眠障害

●夜中に目が覚める中途覚醒

●朝早く目が覚める早朝覚醒

といったタイプがあり、睡眠障害が続くと日中眠くて疲れやすく、日常生活や仕事に大きな影響を及ぼします

 

<不眠症の原因>

・精神的ストレスからくる自律神経失調症

・過労

・夜更かしや朝寝坊といった夜型の生活を続けている→自律神経の切り替えリズムがくずれる

・時差ぼけ

・昼寝の時間が30分以上ある

・ナルコレプシー(日中に強い眠気の発作が起きる脳疾患)

↓↓↓

交感神経が緊張したまま眠りにつこうとすると

熟睡できない、手足が火照る、寝汗をかく、起床時もだるく微熱がある

 

<金縛り>

レム睡眠中は自律神経が不安定な状態になっているので、夢を見て交感神経が興奮

動悸、血圧上昇、発汗、呼吸速拍

レム睡眠の時に何かの拍子で目覚めた時に、肉体は弛緩状態のまま脳だけが活動しているという状態になることがあり

意識があるのに動けない、声が出せないといういわゆる「金縛り」状態に陥ります

よく旅先の旅館などで金縛りにあうといいますが、長時間の移動による疲労や慣れない場所で寝るという不安や緊張が金縛りを呼ぶのです

また、普段しない運動をしたり過度の有酸素運動は筋緊張が増し金縛りになりやすくなります(マラソン選手はよく金縛りになるとも言われます)

※通常、睡眠はノンレム睡眠から始まりますが、何らかの原因でレム睡眠から始まった場合入眠してまもなく金縛りになったり、また睡眠中に何度も刺激される(家族の腕が乗ってたりペットが乗ってきたり)と睡眠のリズムが乱され金縛りになりやすくなります

 

<金縛りの対処法>

金縛りは自律神経失調症の発作的な症状の一つと考えられます

・入眠前に深呼吸を繰り返し自律神経を整える

・横向きで寝る(仰向けで入眠すると舌が緩み気道が塞がれレム睡眠から始まってしまうことがある)

・夜更かし・朝寝坊の生活を変える

・夜勤の場合は体温が上がりきらないうちに眠る(体温は朝からお昼にかけて上昇していくので帰宅後なるべく早く眠る(お風呂は体温が上がってしまう為シャワーですませる))、アイマスク・耳栓をする

・適度な運動をして生活リズムを整える

・金縛り中に指や目など身体の一部が動くようならゆっくりと動かす

 

不眠症はこちら→「不眠症①」

睡眠力はこちら→「睡眠力と免疫力」

脳のための睡眠はこちら→「脳のための睡眠」

不眠症のつぼはこちら→「不眠症のツボ療法」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com