夏に不足するビタミンC

紫外線対策、その一つ”ビタミンC”がおすすめです。

<特徴>

・強い抗酸化作用…紫外線に含まれる活性酸素から細胞や組織を守る

・過酸化脂質を抑える(過酸化脂質=コレステロール中性脂肪活性酸素によって酸化されたものの総称

コラーゲン合成に必要

・風邪をひきやすい方・ヘルペスウイルスにも効果あり

・摂り過ぎても尿に排出されるから安心(水溶性ビタミン)

※注意点

加熱に弱いので、調理法は「煮る・茹でる」より「蒸す・炒める」ほうが適しています

<1日の摂取量は100mg>

100gに対しての含有量

・赤ピーマン……170mg

・柿………………70mg

・キウイ…………69mg

・いちご…………62mg

・ブロッコリー……54mg

・レモン果汁……50mg

<喫煙する方は要注意!>

タバコ1本につきビタミンCが25mg失われると言われています。

タバコ1箱吸う方は20本×25mg=500mg余分にとらなくてはなりません。

キウイだと7個半、いちごだと55個!現実ではない数になってしまいます。

またストレスにも弱くストレスの多い現代社会ではこまめな補給が良いでしょう。

サプリメントで「レモン何個分のビタミンC」と書かれているものは、レモン1個分20mgで換算されています。

日差しも厳しくなる季節、紫外線によるお肌のダメージにも効果を発揮するビタミンC、しっかりと摂取することを心掛けましょう。

~東京都鍼灸師会「一鍼たすけ」より~

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com