「トリガーポイント鍼療法」鍼を打つと筋肉がピクッと動く”ローカルトゥイッチ”

鍼が筋肉のコリ(トリガーポイント)に当たると筋肉の自動収縮が起こりピクッと動きます。

その後、反射により筋肉が弛緩します。

この反応を「ローカルトゥイッチ」(=局所性単収縮)と呼びます。

※症状が重く、トリガーポイントが多いほどローカルトゥイッチが発現しますが、症状が改善されてくれば少なくなります。

筋筋膜性疼痛とトリガーポイント→「筋筋膜性疼痛とトリガーポイント」

腰の真ん中が痛い→「多裂筋のトリガーポイント」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

 

 

「トリガーポイント鍼療法」鍼を打つと筋肉がピクッと動く”ローカルトゥイッチ”」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 「筋筋膜性疼痛症候群」と「トリガーポイント」 | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

コメントは受け付けていません。