胃痛・胃もたれ「胃にやさしい生活と食事」

<胃腸はストレスの影響を受けやすい>

◎胃は自律神経の支配を受けています

交感神経:胃液の分泌を抑える

副交感神経:胃液を分泌させ消化を促す

心配事やトラブルが起こると(交感神経過剰)

胃が痛くなったり、食欲がなくなったり(胃の働きが停滞)

さらに交感神経の高まりともなって副交感神経の働きが過剰になると

胃液が出過ぎて吐き気・むかつき・胃痛につながる悪循環となります。

※胃を守るためにも毎日短い時間でもリラックスタイムを持つことが大切です。その日のストレスはその日のうちに解消するように心掛けましょう

<胃にやさしい食習慣>

×早食い

×よく噛まない

×一度にドカ食い

×長時間の空腹(胃液が分泌され胃を荒らす)

×寝る前に食べる

×唐辛子・にんにく・酢・コーヒー・甘いもの・アルコール・炭酸飲料・冷たいもの・熱すぎるものの摂り過ぎ(胃粘膜への刺激が強すぎて炎症を起こす)

これらは胃を疲れさせて機能を低下させます

◎胃への負担や刺激が少ない「消化がよく、やわらかく、刺激が少ないもの」

○卵・豆類・肉・魚などのたんぱく質(身体を作る主成分となり、胃や胃粘膜・胃液などの素となるもので体力をつけるためにも不可欠)

●炭水化物

○おかゆ

○うどん

○そうめん

●たんぱく質(脂身の少ないもの)

○ささみ

○赤身のひき肉

○ひらめ

○かれい

○牛・豚のヒレ肉

○スクランブルエッグ

○豆腐

○豆乳

○納豆

●野菜(柔らかく調理する(煮る・茹でる・繊維は断ち切る))

○大根

○かぶ

○にんじん

○かぼちゃ

○ほうれん草

○キャベツ

○じゃがいも

●乳製品

○牛乳

○ヨーグルト

○チーズ

○飲み物

○天然果汁100%ジュース

○薄い番茶

※※胃痛や胸やけがある時は食事にも気をつけましょう。胃炎は鍼灸の適応疾患です。

ストレスと胃痛はこちら→「ストレスと胃痛・胃炎」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com