むくみ③「対処法」

<足のむくみ対策>

足を腰より高く上げるだけで、水分は心臓方向へ戻ります。

むくみは溜め込むと取れにくくなります。

●仕事の休み時間にイスなどを使って足を伸ばす

●寝る時に足を高く上げる(腰や膝に負担がかからないよう、仰向けで膝から下を高くする)

●鍼灸・マッサージ

ふくらはぎ、膝の裏(細菌や異物を処理するリンパ節がある)、足の付け根(股関節)、くるぶしなどをほぐす

●イスに座りっぱなしの時

足首を回す、足を台に乗せる

●立ちっぱなしの時

つま先立ち、屈伸

●弾性ストッキングや靴下を履く

 

<顔のむくみ対策>

●蒸しタオルと冷たいタオルを交互に当てる(血管の収縮と拡張の働きが活性化し余分な水分を排泄する)

●鍼灸・マッサージ(顔、頭、首をほぐす)

 

<手のむくみ対策>

寝ている間は手を動かさないため筋肉のポンプが働きにくく、手は朝むくみやすいのが特徴です。

●ばんざいをして腕を上にあげ、手をぶらぶらしたりグーパーして指の曲げ伸ばしをする

●鍼灸・マッサージ(腕、手指、首をほぐす)

●腕用の弾性サポーターをする

 

<むくみを予防するには>

●疲れを溜めない生活を心がける

充分な睡眠、ストレス発散

●適度な運動

筋肉を鍛えることで、静脈血を送り出すポンプが有効に働きむくみにくい身体になります

●栄養バランスのとれた食事をする

塩分を摂り過ぎず、たんぱく質やミネラルなどをバランスよくとる

血行を良くするショウガ・ねぎ・にんにく・唐辛子も効果的

 

むくみ①はこちら→「むくみの原因」

リンパはこちら→「リンパ腺(リンパ節)とは?」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

 

むくみ③「対処法」」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 梅雨時のむくみ・だるい・疲れやすい | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

  2. ピンバック: むくみ②「むくむ病気」 | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

コメントは受け付けていません。