自律神経の乱れ②「原因」

2大原因は「精神的ストレス」「肉体的ストレス」です。

こういったことが起こりやすいのは、生活環境に変化があった時です。

●転居

●転職

●人間関係がうまくいかない

●結婚、離婚

●妊娠、出産

●育児

更年期

生理前

 

<自律神経が乱れやすい体質と性格>

●アレルギー体質の人

●虚弱体質の人

めまいや立ちくらみを感じやすい人

冷え性の人

●車酔いしやすい人

●生理不順・生理痛の強い人

※体の外からの影響に敏感に反応したり、ホルモンバランスの変化が大きいために、体質的に自律神経が乱れやすいのです。

●内向的で感情を抑えがちな人

●情緒が不安定で怒りっぽい人

●疲れているのにがんばってしまう人

※性格的に、精神的ストレスや疲労を抱え込んで自律神経が乱れやすくなります。

 

<自律神経バランスのセルフチェック>

血圧が目安になります。

交感神経が活発になると→血圧が上がる

副交感神経が活発になると→血圧が下がる

①まず横になって測る

②次に立ちあがって測る

横になった状態の数値より最低血圧で上がり、最高血圧でほぼ変わらないなら→正常

最低血圧が上がらなかったり、最高血圧が下がる場合は自律神経の切り替えがうまくいっていない可能性があります。

 

自律神経の乱れ③はこちら→「自律神経を整えるには」

 

高血圧はこちら→「高血圧①」

 

低血圧はこちら→「低血圧①」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com

自律神経の乱れ②「原因」」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 自律神経の乱れ①「自律神経失調症」 | 鍼灸・整体なら平和島駅・大森の晴鍼灸院

コメントは受け付けていません。