「のぼせ」のツボ療法

精神的な興奮や自律神経の失調などの体調の変化が原因で起こる「のぼせ」。

その他、高血圧症更年期障害の症状として、血圧や血液循環に異常がある時にもみられます。

頭と顔がのぼせ手足が冷えているのが特徴で、東洋医学では「上熱下寒」といい、

天(頭)と地(足)のツボをそれぞれ刺激し、血の巡りを天地の境のへその位置に整えるようにします。

ツボ療法と同時に足浴をすることも効果的です。

img174

~「セイリンカレンダー」より~

 

更年期①はこちら→「更年期の出現順序」

 

晴鍼灸院/整体院

ホームページ  https://harushinkyu.com